カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

離婚

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【告白⑪】入院〜手術。そして何もかも投げやりになりました・・

s001_967



>>告白⑩ 

つづき

地方で怪我をした私は、すぐに東京に戻り、救急病院へ搬送されました。

すると急遽、緊急入院です。

膝の靭帯断裂で全治3ヶ月。

原因はタクの不注意からの事故でした。



そして私は会社を3ヶ月間休職することを余儀なくされました。

今思えば、労災がおりるであろう事故ですが、ブラックな企業で、私の怪我を労災扱いにはしてくれませんでした。

傷病手当も出ませんでした。

その時は私もタクも仕方ないと諦めましたが、会社は私が怪我をしたことを隠蔽したかったらしいのです。

私に不倫を迫っていたあのパワハラセクハラ上司も、私が怪我をした途端、無視です。

それどころか、自身の保身の為に私を辞めさせようとしました。


電話で上司は言いました。

『怪我してからの連絡が遅かったな・・もううちには必要ない』

・・・私は負けました。

怪我を負って精神的に参っていたので、上司や会社と戦う気力もなかったのです。

自主退職です。



タクは責任を感じ、毎日お見舞いに来てくれました。

最初は固定していた足ですが、数週間で固定を外すと、なんと私の膝は癒着しており、膝の曲げ伸ばしが全くできない状態になっていました。


それからが、大変です。

毎日のリハビリ。

元々根性のない私は、リハビリが辛く毎日タクに八つ当たりをしていました。


ある時、タクに泣きながら言いました。

『あなたのせいで、職も失って、こんな痛い思いしても歩くこともできない!』

『責任とってよ!もうこんな生活いやだ!』

泣きじゃくりながら私は嗚咽と共に小さく叫びました。


すると、タクは言いました。

『退院したら結婚しよう・・・』



・・嬉しいはずのプロポーズなのに、私はその時、素直には喜べませんでした。


何故ならタクが本気で私と結婚したいと思っていなかったから。

わかるんです、女って。

敏感ですから。



そんな気持ちで毎日泣きながらリハビリを続けましたが、気力もモチベーションもなく、とうとう膝を動かすことができなくなってしまいました。

今思えば精神的なものだと思いますが、当時はもう鬱状態でリハビリになりませんでした。

毎日、喫煙所に入り浸り、タバコを吸いながら他の入院患者と遊んでばかり。

完全にリハビリも人生も投げやりでした。


そして結局、医師の判断で手術をすることになりました。

その時、既に3ヶ月。

完治する気配はなし。



親もほとんどお見舞いに来ません。

理由は入院費を出したくなかったのだと思います。

私とタクは最初から親に頼るつもりはありませんでした。

なのでお金ではなく、怪我をした娘の体を心配して欲しかったのです・・

親との絆も所詮お金なんだな、と私は22歳で悟りました。

それぐらい希薄な親子関係だったのです。



手術の日が来ました。

手術の日は姉が来てくれました。

親は結局来ませんでした。



手術を終え、私は脊椎麻酔をしたまま、数日を過ごしました。

その痛みのない状態でのリハビリが始まりました。

脊椎麻酔のおかげであんなに痛かったリハビリも痛くなくなったのです。


そしてやっと退院の日が決まりました。


入院の日から6ヶ月が経とうとしていました・・・


つづく
【告白⑫】退院を境に元夫の暴力が始まりました・・・


【告白⑩】上司の逆襲〜可愛さ余って憎さ百倍
【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。
【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?

【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い
【告白⑤】二つの別れ話、そしてふたりは・・・?
【告白④】元カノ登場!あ〜女って本当に面倒臭い!笑
【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ
【告白②】ある日いきなり嫌がらせがはじまりました..
【告白①】一度目の離婚への道のり~元夫との出会い



ランキングに参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります。
   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング






【雑感】シングルマザーの独り言〜離婚率の高さと日本人の貞操観念

photo0000-3830


★離婚の連鎖

私の周りは離婚率が高いです。

うちの部署は3人いますが100%の離婚率です。

去年退職した元上司もバツイチ。

別の部署ですが、女性社員も私を含め4人離婚しています。

前職の社長の娘も上司も離婚しました。

子どもの保育園時代のママ友仲良し4人組がいたのですが、私含め4人とも離婚しました。

ちなみに私の姉も離婚しています。

姉の彼氏もバツイチです。

何でしょう、この連鎖。

類が友を呼びました。



★『不倫は文化』


実は日本人の性は歴史的に見てもかなり乱れていました。

江戸時代の江戸は出稼ぎにきた男が多く、女が少なかったので、長屋で自分の奥さんの身売りなんかは当たり前です。

その奥さんの稼ぎでご飯にありつける旦那や子供たち。

父親が誰かわからない子は、長屋で皆で育てていました。

お祭りの夜といえば、淫行祭り。

あちらこちらで男も女も外で皆で楽しんでいました。

平安時代は毎晩、夜這いの風習。

皆、光源氏のような生活をしていました。

戦国時代の元服前の男児の男色なんてのも当たり前。

森蘭丸が織田信長の小姓をしていて信長の寵愛を受けていたのは有名な話しです。

蘭丸は信長と一緒に本能寺の変で亡くなりました。享年18歳。

きっと本望だったことでしょう。

有名な俳優が『不倫は文化』と言ったのも歴史上のこの文化から発したセリフでした。



★貞操観念の始まり


日本の貞操観念が厳しく言われるようになったのは明治時代のキリスト教の普及からです。

段々と浸透していったらしいのですが、本格的に男女の貞操が厳しくなり始めたのは、戦後からです。

民主主義の考えが発達して、貞操観念が必要な世の中に変化していったのが要因の一つです。


★シングルマザーの貞操観念

元々貞操観念なんてない日本人が100年以上も無理をしてきた結果、今になって崩壊してきたのではないでしょうか?

だから一夫一妻の制度に無理が生じ、男も女もゲスな不倫が蔓延し、離婚率が上がったのだと推測します。

日本人の貞操観念なんて、脆いものなのだと思います。

私も貞操観念は道徳上、一応植えつけられましたが年々無理が生じきたように感じます。

人は子どもの時と年をとった時に本能が強くなりますしね。


私の前世はきっと、吉原の遊女だったに違いない!(←特に根拠なし)




ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


 



 

★シングルマザーの雑感★
【こころ】シングルマザーのひとりごと『上は見ずに前をみる』
【子ども】シングルマザー、芸妓に思いをはせる。
【名言】シングルマザー、今日からスティーブジョブスになる!
【雑感】シングルマザーの結婚観〜失敗して気づくこと
【雑感】シングルマザー、PTA役員の対応について考える
【雑感】シングルマザーが相対的貧困を考える
【雑感】シングルマザー男子大学生と交流する!
【雑感】子どもの成長を愁うシングルマザーの話 
【卒業】シングルマザー “大地讃頌” を熱唱!

【告白⑩】上司の逆襲〜可愛さ余って憎さ百倍


PP_senrozoi-thumb-autox1600-12721

【告白⑨】はコチラ

つづき。


彼(タク)と同棲を始めて数ヶ月が経ちました。

タクとの微妙な距離感や不信感が少しづつ積もっていっている時期でした。

まず彼の男友達と私はうまくやっていけそうにない、ということ。

それはそうですよね、あの男に殴られたのですから。

20年たった今も忘れていません。

そして湾岸の上司も私たちの同棲をよく思ってなく、それも輪にかけて距離感ができたのかもしれません。

上司には私に対するプライドや彼に対する妬みがあったのだと思います。

上司は事あるごとに私たちの関係に口を出してきました。

同棲するならどっちかが会社辞めろ、とか(実際、規定には結婚したらどちらかが別の営業所に移動しなければいけないのですが、同棲は規定にないので問題はありません) 会社で口をきくなとか、色々。

確かに、周りの同僚の手前、あまり仲良くしたりするのは公序良俗的にも よくないとは思いますが、周りの同僚たちは祝福してくれていましたし、公認の仲でしたので口をきかないのは少し大袈裟です。

そして上司の私に対する束縛や言動が段々とエスカレートしてきたのです。

保険に入るなら、俺が紹介したところに入れ!とか、貯蓄をするならこの銀行のこの商品で積み立てろ!とか、あいつとは飲みに行くな、とか、残業して俺の仕事手伝えとか、散々でした。

なぜこうなったか、と言うと、やはりあの湾岸での出来事が原因です。

上司は私に振られた形になっていたのが悔しかったのです。

そして、私が彼と別れるように色々手を変え品を変え、彼に私の悪いところを吹聴してみたり、逆に彼の悪いところを私に言ってみたり、必死でした。

自分と不倫しろ、さもないとお前の立場が悪くなるぞ!と言うパワハラです。

当時はセクハラ、パワハラなんて言葉はまだなく、単なる上司の部下いじめです。

そして前にも言いましたが、上司は妻子持ちです。

ただ奥さんとはうまくいってなくて離婚調停中でした。

すると、ある日会社に上司の奥さんから電話がきたのです。

〇〇(上司)の妻ですが、〇〇は、いますか?と。

上司はお休みでしたので、私は『今日はお休みをいただいています。』と答えました。

それがいけなかったらしく、奥さんは明らかに機嫌が悪くなりました。

それはそうですよね、会社にいるとばかり思ってる旦那が自分の知らないうちに会社を休んでいるのですから。

私も言ってしまった後にまずかったかな?と思いましたが、後の祭りです。

すると奥さんは言いました。

『あなた□□さん?主人からよく話を聞いてます、主人がお世話になっているようで!』

・・・

奥さん何か勘違いをしてます。

私と不倫をしているとでも思ってるかのような言い方でした。

離婚調停中の上司が奥さんに私の話なんてする訳ないので、多分奥さんのハッタリだと思いますが、ただ、会社っていうのは、『壁に耳あり障子に目あり』なので、どこからか噂になっていたのかもしれません。


私は車の中で上司に勝手にキスされただけです。

ご飯と飲みに何度か行っただけです。

自分からは一切誘っていませんし、勘違いさせるような言動もしていなかったと思います。


そして奥さんばかりでなく、タクも私と上司の関係を少し怪しんでいました。

それはそうですよね、上司が彼に私との同棲を解消するように勧めてきたり、残業で上司と二人きりで仕事している私をみて疑っていたと思います。

ただ私も私なりのプライドがあったのと、実家に戻りたくないという思いから、タクとの同棲を解消するつもりはありませんでした。

色々ありながらもタクとの同棲はダラダラと続いていました。

そして同棲を始めて一年が経とうとしていたある日、私は会社のイベント中、事故で大きな怪我をしてしまったのです。





つづく。



☆関連記事
【告白①】一度目の離婚への道のり~元夫との出会い
【告白②】ある日いきなり嫌がらせがはじまりました..
【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ
【告白④】元カノ登場!あ〜女って本当に面倒臭い!笑
【告白⑤】二つの別れ話、そしてふたりは・・・?
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い
【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました。 
【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?
【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。


ランキングに参加しています☆
クリックして応援して頂けると励みになります。
⇩⇩⇩

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング





 

【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。

 【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?

img_f0176db222573220353714db94afb2f7218990



つづき


『酔っぱらってんじゃねーよ!』

彼氏に発したつもりでした。

しかし勘違いした男友達が急に逆ギレしたのです。

『お前、男に向かって偉そうにしてんじゃねーよ!!』

後ろから髪の毛をがっつり引っ張られて頭を数発殴られました。

完全に酔っぱらいです。

元々その男友達はわがままで短気で仲間内でも手を持て余してる男だったのです。

私は突然の暴力に悲鳴をあげました。

『あんたに言ってないよ!あんたの勘違い!私はタク(彼)に言ったのよ!よく殴れんね!!』

すると男は『タクに言ったんだとしても、自分の彼氏に偉そうな口聞いてんじゃねーよ!女の癖に!』

いやいや、余計なお世話です。

なんなら言いがかりです。

男も後に引けなくなったのでしょう。


私は泣き叫びながら、警察呼んで!と彼に言いました。

彼は、オロオロしてるばかり。

自分の彼女が自分の友達に殴られてるのに、助けもしない。

友達に文句も言えない。

情けない男。

流されやすい男。

彼が物事を深く考えられないのはうすうす気づいていましたが、判断能力も勇気もありません。

いつも口を開けてポカーン。

いいのは顔だけ。(言い過ぎ?)


何故、私の味方をしないのか?泣きながら彼を問いつめました。

男は『うるせー!すぐ泣きやがって!女だからって泣けば済むと思いやがって!!』

いや、泣くでしょ、叫ぶでしょ、完全に相手の勘違いで他人に殴られてるんだから。


メンヘラ女と彼、オロオロ。

私、泣き叫ぶ。

男、怒鳴る。

もうね、かなりの修羅場です。


しかも、ここは木造アパート。

アパート中にまる聞こえです。


そうこうしてると『ピンポーン』インターホンが鳴りました。

急に冷静になる私。

彼が出ました。

近所の人が警察に通報したのです。

警察は『大丈夫ですか!?女性が殴られてるようだ、と通報がありました。』

私は泣きはらした目で警官をみました。

『怪我はありませんか?』

男は奥で隠れて黙ってます。

・・・

・・・

『大丈夫です、殴られてません、迷惑かけてすみません・・』

つい嘘をついてしまいました。

警察は帰って行きました。



・・・

言えばよかった・・!

本当のこと。

男に殴られたこと。

他人だし。


しかし、当時は彼と同棲を始めたばかりで、問題を起こしたくなかったのです。

同棲を解消して実家に戻りたくなかった。

今思えば、彼と同棲、結婚、離婚に至るまでずっと、『もう実家には戻りたくない、二度と親と一緒に住みたくない』という気持ちでずっときたのかもしれません。

本当に彼を愛していたか?と聞かれると、愛していなかったかもしれません。

・・・

男も警察を見て冷静を取り戻しました。

急に土下座して『すみません!!』

謝りました。

私は正直許してなんかいませんが(20年以上たった今でもトラウマです)彼が許してしまいました。


・・・

メンヘラ女と勘違い男は帰って行きました。


多分、この事件から私の彼への気持ちと態度が変化していったと思います。




つづく。



(次回、湾岸の上司が登場します)


☆湾岸上司の前記事はこちら
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い

☆毒親の記事はこちら
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります☆
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?

【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました。

GAK86_hutounokuroneko_TP_V



つづき

彼と友達がコンビニに行ってる時、体だけが取り柄のブッサイク高校中退メンヘラかまって女17歳(長い!)は私にこう言いました。


『ウチの彼氏が言ってた〜!タクにしては珍しく性格の悪い彼女を作ったーって。でも蘭ちゃん、そんなことないよね〜♪』


タクとは元夫のこと。(仮名です、一応)

そして、性格の悪い彼女(蘭ちゃん)とは私のこと。


・・・!


おい。くそガキ・・!

世の中には言っていいことと悪いことがあるんだよ!

てか、アンタ分かっててわざとマウンティングでしょ?

ブサイクメンヘラかまって女は、天然なふりして、そういうところでマウンティングするんだよ。

(当時はマウンティングなんて言葉ありませんでしたが。)



そして、あの男・・・!


・・・


まあ、今思えば、確かに私の彼らに対する態度は日に日に悪くなっていたので、性格悪く見えたでしょう。

ただ、言い訳させてもらえるならば、当時それはそれは、彼の男友達たちがストレスで仕方なかったんです。

ごはん行くのもドライブ行くにも、いつもあいつらと一緒。

休みの日には、バーベキューだ、草野球だ、フットサルだと、大人数でアウトドアばかり。

正直私、協調性のすこぶる欠如した人間なので(今もそうですが)皆と合わせるのが苦手なんです。

たまにならいいんですよ、半年に一度くらいなら。

ただ彼は若さもあり(当時20歳)友達第一の時期だったのでしょうね。

周りは大学生で遊んでばかりいたから、彼も抜けきれてなかったのでしょう。

価値観の不一致ってやつです。


私は、皆と遊びにいかない、という選択もしようと思いました。

しかし、彼はプライドなのか、それは許してくれず、必ず私同伴でイベント参加なんです。


・・・

そして怒り心頭なところに彼と男友達がほろ酔いでコンビニから帰ってきました。

私は彼をキッチンに呼んで、メンヘラ女の言った一部始終を話しました。

メンヘラは悪びれることなく男友達とイチャイチャ。

彼はあまり感情を出さない人でしたが、その時はちょっと怒ってました。

そして彼は私が席を外した時に、友達とメンヘラ女にそのことを話したのです。

友達はそれを聞いて、自分のブッサイクメンヘラかまって女を怒って、彼に謝っていました。

メンヘラ女は黙ってむすっとしてるだけ。

しかもその友達、ディスられた当の本人の私に一切の謝罪なし!


・・・


私はかなりムカついてたので、男友達ではなく彼に八つ当たりの言葉を発しました。


『酔っぱらってんじゃねーよ!』


すると自分に言われたと勘違いした男友達がなんと私に・・・・!!!





つづく。
【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。



ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



シングルマザーランキング


楽天
Amazon
Twitter プロフィール
プロフィール

鵬蘭【ほうらん】

2度の離婚を経験したセカンドシングルマザー鵬蘭。
アラフォー子ども3人。
行政書士試験に挑戦します。
仕事・育児・家事・勉強・など、シングルマザーの雑感を綴っています。
告白・実話シリーズ連載中。

日本ブログ村
ブログランキング