カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

暴力

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【告白⑬】暴力から救ってくれた神様からのプレゼント


【告白⑫】つづき

kazu89_ajisai_TP_V



私たちはほんの少しの事で言い争いになるようになりました。

その度に何度も泣きながら 『死にたい!』 と口にしていました。

それを聞くとスイッチが入り 『じゃあ死ねよ!』 とタクの暴力が始まるのです。

そうなると私も、少しのことで情緒不安定になり感情が治まらずヒステリックになるので余計にタクを逆なでする、という悪循環でした。

この悪循環を止めるべく、お互いの努力と思いやりが必要でしたが、怪我をして完全に引きこもっていた私にはそんな余裕はありませんでした。



そんな状態で、何故二人とも同棲を解消しなかったのか?

私は実家には二度と戻りたくなかった、という理由がありますが、タクはのほほんと育った一人っ子なので、特に実家に帰りたくない理由は見当たりませんでした。

こんなに頭の弱いボケッとした暴力男と、ヒステリックで感情的で引きこもりの女でしたが、やはりお互い情があったのだと思います。

喧嘩をしてない時の二人はとても仲が良く、私の足も段々と日常生活には支障なく動けるようになり、そろそろ結婚したいね、などと二人で話したりもしていました。



そんな矢先です。

私は妊娠しました。

23歳になったばかりの秋でした。

生理がきていないことをタクに話すとすぐに妊娠検査薬で検査しました。

陽性です。

すぐに病院に行き、確認しました。

やはり間違いなく妊娠です。

私とタクは喜びました!

待望の妊娠だったからです。

私の怪我や退職でギクシャクしていた二人の関係が長女の妊娠を機に元に戻りつつありました。

順番は違えど、結婚の話も出ていたので、タイミング的にはいいタイミングでの妊娠でした。

神様から授かった大切な大切な私たちの宝物!



・・・ただ結婚するにあたり、私には一つ気になっていたことがあったのです。


つづく。


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります。
 ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング



【告白⑫】退院を境に元夫の暴力が始まりました・・・

2bf291c6


>>【告白⑪】 つづき
 
※注:暴力的な描写がありますのでそれを踏まえて読まれてください。


退院してからが大変でした。
 
完治での退院ではないので、毎日リハビリの為、車で30分の病院へ通院です。
 
幸い怪我したのは左膝で、右足は元気だったので、オートマの運転に支障はありませんでした。
 

家では松葉杖で家事をし、車で買物に行き、またスーパーで松葉杖。
 
不便です。
 

しかし、若い人が松葉杖をついていても捻挫くらいにしか思われず周りは案外冷たいのです。
 
外食に行っても松葉杖が邪魔だからと入店拒否されたりもしました。
 
本当に不自由でした。
 

そして徐々に人間不信になっていきました。
 

職場に怪我を隠蔽され、責任を押し付けられ、上司の手前、仲のよかった会社の人たちも半分は音信不通に。
 
 
会社に裏切られ、友達も離れていき、外出すれば松葉杖だからと邪魔にされ、親とも疎遠。
 

・・・孤独でした。
 
 
それでも数人の友人はお見舞いに来てくれたり、退院後も遊びにきてくれたりもしましたが、私自身が疑心暗鬼になっていたので、その数人の友人たちでさえ拒んでしまいました。
 
誰にも会いたくない・・

今思えば鬱だったのでしょう。
 

そして毎日タクに当り散らしていました。
 
『あなたのせいで、友達も仕事もなくなった!』

『出かけても邪魔にされるし、家での家事も思うように行かない!』
 
退院してから通院以外はほとんど一人で家ばかりにいて、私はもう限界だったのです。
 
タクはそんな私の態度に腹をたて、何度か喧嘩になりました。
 


そしてある日の喧嘩の時、タクは私がついていた松葉杖を思いっきり蹴ったのです。

私は支えがなくなり家の中で大きく跳ねるようにして倒れました。
 
それがタクのトリガーになったのか、その後もタクは暴力をやめず、『死ね!死ね!死ね!』と倒れた私の手術した左膝を目指して、何度も何度も蹴りました。
 

『ギャー!!!!』


私は叫びました!
 
気が狂ったかのように泣き叫びました。
 

痛みよりも私は、彼氏であるはずのタクが、歩けない私に対して暴力をふるい、『死ね!』と狂ったように言い、何度も何度も私を蹴り上げるタクに対して、恐怖と怒りと悲しみを覚えました。
 

何度も膝を蹴られてるうちに、意識が遠のいていきました。

私はこのまま歩けなくなるかもしれない、いや、もしかしたら殺されるかもしれない、ともうろうとしながら思いました。

タクのこの時の狂気に満ちた顔は20年以上たった今でも目に焼きついています。

 
私はキッチンの硬い床の上に仰向けで倒れ、白い天井を見上げながら・・・それもいいかな、楽になれるならいっそこのまま死んでしまいたい・・・
 

・・お互い、まともな思考回路ではありませんでした。
 
私も追い詰められていましたが、タクも追い詰められていたのだと思います。
 
そしてこの日を境に、タクの暴力が始まりました。


次の記事はこちら★
【告白⑬】暴力から救ってくれた神様からのプレゼント


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります。
   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


 

【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。

 【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?

img_f0176db222573220353714db94afb2f7218990



つづき


『酔っぱらってんじゃねーよ!』

彼氏に発したつもりでした。

しかし勘違いした男友達が急に逆ギレしたのです。

『お前、男に向かって偉そうにしてんじゃねーよ!!』

後ろから髪の毛をがっつり引っ張られて頭を数発殴られました。

完全に酔っぱらいです。

元々その男友達はわがままで短気で仲間内でも手を持て余してる男だったのです。

私は突然の暴力に悲鳴をあげました。

『あんたに言ってないよ!あんたの勘違い!私はタク(彼)に言ったのよ!よく殴れんね!!』

すると男は『タクに言ったんだとしても、自分の彼氏に偉そうな口聞いてんじゃねーよ!女の癖に!』

いやいや、余計なお世話です。

なんなら言いがかりです。

男も後に引けなくなったのでしょう。


私は泣き叫びながら、警察呼んで!と彼に言いました。

彼は、オロオロしてるばかり。

自分の彼女が自分の友達に殴られてるのに、助けもしない。

友達に文句も言えない。

情けない男。

流されやすい男。

彼が物事を深く考えられないのはうすうす気づいていましたが、判断能力も勇気もありません。

いつも口を開けてポカーン。

いいのは顔だけ。(言い過ぎ?)


何故、私の味方をしないのか?泣きながら彼を問いつめました。

男は『うるせー!すぐ泣きやがって!女だからって泣けば済むと思いやがって!!』

いや、泣くでしょ、叫ぶでしょ、完全に相手の勘違いで他人に殴られてるんだから。


メンヘラ女と彼、オロオロ。

私、泣き叫ぶ。

男、怒鳴る。

もうね、かなりの修羅場です。


しかも、ここは木造アパート。

アパート中にまる聞こえです。


そうこうしてると『ピンポーン』インターホンが鳴りました。

急に冷静になる私。

彼が出ました。

近所の人が警察に通報したのです。

警察は『大丈夫ですか!?女性が殴られてるようだ、と通報がありました。』

私は泣きはらした目で警官をみました。

『怪我はありませんか?』

男は奥で隠れて黙ってます。

・・・

・・・

『大丈夫です、殴られてません、迷惑かけてすみません・・』

つい嘘をついてしまいました。

警察は帰って行きました。



・・・

言えばよかった・・!

本当のこと。

男に殴られたこと。

他人だし。


しかし、当時は彼と同棲を始めたばかりで、問題を起こしたくなかったのです。

同棲を解消して実家に戻りたくなかった。

今思えば、彼と同棲、結婚、離婚に至るまでずっと、『もう実家には戻りたくない、二度と親と一緒に住みたくない』という気持ちでずっときたのかもしれません。

本当に彼を愛していたか?と聞かれると、愛していなかったかもしれません。

・・・

男も警察を見て冷静を取り戻しました。

急に土下座して『すみません!!』

謝りました。

私は正直許してなんかいませんが(20年以上たった今でもトラウマです)彼が許してしまいました。


・・・

メンヘラ女と勘違い男は帰って行きました。


多分、この事件から私の彼への気持ちと態度が変化していったと思います。




つづく。



(次回、湾岸の上司が登場します)


☆湾岸上司の前記事はこちら
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い

☆毒親の記事はこちら
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります☆
  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


楽天
Amazon
Twitter プロフィール
プロフィール

鵬蘭【ほうらん】

2度の離婚を経験したセカンドシングルマザー鵬蘭。
アラフォー子ども3人。
行政書士試験に挑戦します。
仕事・育児・家事・勉強・など、シングルマザーの雑感を綴っています。
告白・実話シリーズ連載中。

日本ブログ村
ブログランキング