カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

元カノ

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【告白⑤】二つの別れ話、そしてふたりは・・・?

告白④の続き

PB110491-Edit_TP_V

帰りの車の中で私は『彼と別れよう』そう決心したのです。

ただ彼とは職場が一緒なので顔を合わさない訳にはいきませんでした。

翌朝彼は会社で会うと何か言いたげです。

私は気づいていましたが無視をしていました。

が、あの後元カノとどうなったのかは、やはり気になりました。

彼は外回りの仕事で私は事務職でしたので、日中は会うことはありません。

付き会い始めてからほぼ毎晩、私は彼とごはんを食べたり遊んだり、会社の皆と飲みに行ったりしていたので、今日は彼が外回りから戻る前に早々に退社しよう、そう思っていました。

しかし彼は同僚に現場を代わってもらったのか、私の定時前に戻って来てしまったのです。

そして帰ろうとする私を待ち伏せしていたのです。


『□□、昨日はごめん。俺、元カノとちゃんと別れたからさ。今日もごはん行こうよ。』

当たり前のように軽く誘ってきます。


彼は、私が別れようと心に決めたことには一向に気づく様子もありません。



『あのさ、私、怒ってるんだけど!』


『なんで?別れたよ?』


『別れた、って私と付き合う前にも言ってたじゃん?でも別れてなかったじゃん?まあそれは仕方ないにしても、元カノがした嫌がらせのせいで私たちの信用ガタ落ちだよ?上司はあなたとのことよく思ってないよ?』


『・・・?』

解っていない様子。

本当に頭悪い子だ。


『・・・昨日はあの後どうしたの?』


『別れ話して帰った。』


『・・・』


『もう会わない』


『・・・私あなたと別れようと思ってる。』


『・・・なんで?』


・・・!

本当に馬鹿です。

ばか、バカ、馬鹿!

馬鹿すぎて・・・





許してしまったのです。


あー!私が一番のバカだ・・!!




私たちはたった一日でよりを戻しました。・・・若かったのです。

二人はその後愛を育みに湘南へいきました。・・・若かったのです。

そして湘南の海が見えるモーテルにはいりました。・・・若かっ・・もういいですね。



私たちはそのまま朝まで過ごしました。

チェックアウトして134号線を走りながら、朝日を浴びてキラキラ光る海と、江ノ島が見える車の中で、彼は私にこう言いました。




『一緒に住まないか?』





・・・つづく。


告白⑥はコチラ


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります。

 にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



【告白④】元カノ登場!あ〜女って本当に面倒臭い!

告白③のつづき

P1030623-Edit_TP_V


彼は元カノに電話をするために車を降りました。

そして10分程たって彼は戻ってきたのです。

戻ってきた彼の姿をみて私は驚愕し、目が点になりました。


!?!?!?!?




なんと彼は、元カノと腕を組んで登場したのです! 

元カノは彼の腕にしがみつき顔を肩にうずめるようにして。

そしてその後ろには複数の女たち。

なんと元カノは女友達を連れて近くまで来ていたらしいのです。



私は怒りや悲しみはなく、ただただ呆然。

何がおきたのか解りませんでした。



そして彼はしれーっと私にこう言ったのです。

『彼女が言いたいことがあるんだって』

すると元カノ
『□□(私のこと)さんですか? 私、まだ○○くん(彼)のことが好きなの!別れるなんて考えられない!』

私『はあ』
(殴り込みではなさそうだな)

元カノ『でも今はあなたと付き合ってるって聞きました。私最後に○○くんと思い出作りたいので今日は一緒にいたいの!! □□さん、帰ってくれませんか?(しくしく)』

すると後ろの女たち。
『△△(元カノ)が可哀想だからあなた帰ってよ!(しくしく)』



私、冷めました、この状況に。

何故、友達の別れ話に一緒に泣けるんだろう?と本気で不思議でした。


面倒臭いやつらだな!と思い、私は『あっそ!!あんたら馬鹿なんじゃん?よく泣けんね?』と捨て台詞をはきカッコよく帰ることにしたのです。

その時私は自分の車で来ていたので、スマートにその場を去ろうとギアを1速(当時マニュアル車乗ってました)にいれ、カッコよくスタートしたつもりでした。(今思うと笑)

ただ私も当時はまだ若く、思いのほか動揺していたようです。

2速にシフトチェンジするのを忘れ、かなりの回転数が上がってしまい、
私の心臓の音と比例するかのような大きなエンジン音をたててしまいました。



すると後ろで女友達どもがなにか叫び始めたのです。

『何よ!大きな音出して私たちを脅してるつもり!?ひどい女ね!○○くんあんな女と付き合うのやめなよ!』みたいなことを数人で叫んでるのです。


もう、怒りを通り越して私、逆に笑えました。

女数人で1人を責めるって小学生ですか?
しかも泣いてるし。本当に背筋が寒ーくなりました。


冷めました、いや、もう完全に。女どもにも、彼にも。。


帰りの車の中で私はもう彼と別れることしか考えていませんでした。




つづく。


次の記事は告白⑤

 
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ

告白②のつづき

PP_naisendenwa_TP_V


その日から、もう嫌がらせの嵐です。

会社、自宅、全ての電話に私宛の無言のいたずら電話。

同僚、上司、親、全ての迷惑をかけてる人に平謝りです。

今思えば通報してもよかったのかとも思いますが、当時はそこまで考え付きませんでした。


そして数日後、犯人が判明したのです。

犯人女。身元も判明。

何故、犯人が分かったか。

それは、私がたまたまその電話に出たときに相手の女がすごい勢い喋りだしたのです。


『このどろぼう女!私の友達の彼氏を寝取ったでしょ!!友達はあんたのせいで毎日泣いてる。自殺まで考えてる!友達に謝って、彼氏と別れろ!!』

ということを電話口で叫びました。



・・・彼だ。

彼の元カノの友達からだ!


しかし私は彼と付き合うことになった時、元カノとは別れたばかり、と聞いていました。

彼が嘘をついたのか、元カノが勘違いしているのかは分からなかったが、とにかくうまく別れ話がついていなかったのです。


私はその時、色々な感情がにじみ出ました。


私関係ないじゃん!!
二人で話し合ってよ!!

そんなことで会社や家にいたずら電話や出前をしてきたことに腹がたちました。


そして今思えば一番不可解なのが友達と名乗る女。

もし本当の友達ならこんなことするだろうか?

・・・私ならしない。

そして友達のためにそこまで労力を使うことが何より信じられませんでした。



もちろんその夜、私の車の中ですぐに彼を問い詰めました。

彼はその報告を受けても、また『ふーん・・・』と言っただけでした。


・・・!!

あんた、マジ馬鹿なんじゃないの!?


私は元カノのしたことより、彼のそのリアクションの方が理解できなかったし、信じられませんでした。

かなりイラついてた私は、今すぐここで元カノに電話して、きちんと別れろ!そして二度と嫌がらせしないように教育してきなよ!!!と言いました。



するとそこで、まさかの展開が待ちわびていたのです!!!



つづく・・・


つづきは告白④へ

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

楽天
Amazon
Twitter プロフィール
livedoor プロフィール
日本ブログ村
ブログランキング