カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

上司

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【告白⑩】上司の逆襲〜可愛さ余って憎さ百倍


PP_senrozoi-thumb-autox1600-12721

【告白⑨】はコチラ

つづき。


彼(タク)と同棲を始めて数ヶ月が経ちました。

タクとの微妙な距離感や不信感が少しづつ積もっていっている時期でした。

まず彼の男友達と私はうまくやっていけそうにない、ということ。

それはそうですよね、あの男に殴られたのですから。

20年たった今も忘れていません。

そして湾岸の上司も私たちの同棲をよく思ってなく、それも輪にかけて距離感ができたのかもしれません。

上司には私に対するプライドや彼に対する妬みがあったのだと思います。

上司は事あるごとに私たちの関係に口を出してきました。

同棲するならどっちかが会社辞めろ、とか(実際、規定には結婚したらどちらかが別の営業所に移動しなければいけないのですが、同棲は規定にないので問題はありません) 会社で口をきくなとか、色々。

確かに、周りの同僚の手前、あまり仲良くしたりするのは公序良俗的にも よくないとは思いますが、周りの同僚たちは祝福してくれていましたし、公認の仲でしたので口をきかないのは少し大袈裟です。

そして上司の私に対する束縛や言動が段々とエスカレートしてきたのです。

保険に入るなら、俺が紹介したところに入れ!とか、貯蓄をするならこの銀行のこの商品で積み立てろ!とか、あいつとは飲みに行くな、とか、残業して俺の仕事手伝えとか、散々でした。

なぜこうなったか、と言うと、やはりあの湾岸での出来事が原因です。

上司は私に振られた形になっていたのが悔しかったのです。

そして、私が彼と別れるように色々手を変え品を変え、彼に私の悪いところを吹聴してみたり、逆に彼の悪いところを私に言ってみたり、必死でした。

自分と不倫しろ、さもないとお前の立場が悪くなるぞ!と言うパワハラです。

当時はセクハラ、パワハラなんて言葉はまだなく、単なる上司の部下いじめです。

そして前にも言いましたが、上司は妻子持ちです。

ただ奥さんとはうまくいってなくて離婚調停中でした。

すると、ある日会社に上司の奥さんから電話がきたのです。

〇〇(上司)の妻ですが、〇〇は、いますか?と。

上司はお休みでしたので、私は『今日はお休みをいただいています。』と答えました。

それがいけなかったらしく、奥さんは明らかに機嫌が悪くなりました。

それはそうですよね、会社にいるとばかり思ってる旦那が自分の知らないうちに会社を休んでいるのですから。

私も言ってしまった後にまずかったかな?と思いましたが、後の祭りです。

すると奥さんは言いました。

『あなた□□さん?主人からよく話を聞いてます、主人がお世話になっているようで!』

・・・

奥さん何か勘違いをしてます。

私と不倫をしているとでも思ってるかのような言い方でした。

離婚調停中の上司が奥さんに私の話なんてする訳ないので、多分奥さんのハッタリだと思いますが、ただ、会社っていうのは、『壁に耳あり障子に目あり』なので、どこからか噂になっていたのかもしれません。


私は車の中で上司に勝手にキスされただけです。

ご飯と飲みに何度か行っただけです。

自分からは一切誘っていませんし、勘違いさせるような言動もしていなかったと思います。


そして奥さんばかりでなく、タクも私と上司の関係を少し怪しんでいました。

それはそうですよね、上司が彼に私との同棲を解消するように勧めてきたり、残業で上司と二人きりで仕事している私をみて疑っていたと思います。

ただ私も私なりのプライドがあったのと、実家に戻りたくないという思いから、タクとの同棲を解消するつもりはありませんでした。

色々ありながらもタクとの同棲はダラダラと続いていました。

そして同棲を始めて一年が経とうとしていたある日、私は会社のイベント中、事故で大きな怪我をしてしまったのです。





つづく。



☆関連記事
【告白①】一度目の離婚への道のり~元夫との出会い
【告白②】ある日いきなり嫌がらせがはじまりました..
【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ
【告白④】元カノ登場!あ〜女って本当に面倒臭い!笑
【告白⑤】二つの別れ話、そしてふたりは・・・?
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い
【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました。 
【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?
【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。


ランキングに参加しています☆
クリックして応援して頂けると励みになります。
⇩⇩⇩

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング





 

【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い

告白⑤はコチラ

p8155916



つづき

『一緒に住もう』そう言われて、当時は素直に嬉しかったのを覚えています。




今回は時間は少し遡り、彼と付き合うちょっと前の話しをします。



私の直属の上司は営業所長でした。

所長は私が入社してからとても可愛がってくれていました。

21歳の私は当時40代の所長のことを、お父さん感覚でいました。

事務職が始めてだった私に所長は、電話の出方から書類の作り方、お客様の対応などこと細かく色々なことを教えてくれました。

飲みにもよく連れていってくれたり時にはランチをご馳走してくれたり、私は所長に色々してもらって本当に感謝をしていました。

今思えば、下心満載の行為でしたが、当時は気づきませんでした。



そしてある時、会社の健康診断の日。

本社の中の診療所で健康診断をするのですが、湾岸の方までいかなければならず、しかも倉庫街なので、モノレールをおりた後に会社のシャトルバスに乗るので、結構な時間がかかってしまう場所だったのです。

すると所長はこういってくれました。

『夕方、本社に用事があるから、車で送っていってあげるよ。』

ラッキー!
私はその時、素直にそう思いました。



本社について車を降りるとき、1時間後に駐車場で待ってるから、と言って所長とわかれました。

健康診断は体重、身長、採血、心電図など一通りやってすぐに終わりました。

早めに駐車場につくと、もう所長は車で待っていました。


外はもうだいぶ暗くなっていました。


『早かったね』とそう言って所長は私を車に乗せてくれました。


私は採血をしたため、少し貧血気味でぐったりしていました。(昔から採血するとぐったりする体質です)

行きはドライブ気分で明るかった私がぐったりしているのを見て、所長は『大丈夫?ちょっと休む?』と言いました。

私は『いえ、大丈夫です』と言いながらぐったりしていると、なんと湾岸沿いのホテルに所長が入ろうとしているのです!


・・・え!?


所長!本当に大丈夫ですから!と焦って一気に頭を動かしたら、ふらーっと、目の前が真っ白になりました。

所長は車をホテルの駐車場に停め、こともあろうか、助手席のシートを倒したのです!


そして所長は私を押さえつけ、無理やりキスをしてきました・・・!



もちろん必死に抵抗しましたが、狭い車内で上から押さえつけられ、しかも貧血気味で抵抗しきれなかった私に所長はこう言いました。


上司
『ずっと好きだったんだよ、付き合ってくれないかな?』



『・・・!』
『・・・奥さんいましたよね?』


上司
『あいつとは別居中でもうすぐ別れる』



『・・・私、○○くんに付き合ってと言われてます。付き合おうと思ってるんです』
『所長のことは好きだけど、そういう好きではありません。』

はっきり断りました。


所長は『わかった』とその時は諦めてくれました。


『・・・』


帰りの車の中はお互い気まずく、無言のまま営業所へ向かいました。


今でも、その時の上司のタバコと香水の匂いは忘れられません。


そしてこの夜の出来事が、後に思いもよらぬ火の粉として自分に降り掛かってくるとは、その時はまだ夢にも思っていませんでした・・・




つづく
【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました。 


ランキングに参加しています!
続きが気になる方はクリックして頂けると励みになります☆
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


楽天
Amazon
Twitter プロフィール
livedoor プロフィール
日本ブログ村
ブログランキング