カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

こころ

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【実話】今だから言える訪問介護の闇その6(最終章)〜人生の終末

(※最終章です、長いので興味のない方はスルーでお願いします。)

奥様のご予定は中止になったとのことで、奥様は何とベッドで寝ていらっしゃいました。

私は焦りました。

いないはずの人が目の前にいるとこんなに驚くものかというくらい驚きました。

ちなみに旦那様は出かけていて、いませんでした。

怒っている奥様と私2人きり、気まずい空気が流れています。

まず奥様は寝ているところを勝手に部屋に入ったことにご立腹です。

(前日の打ち合わせではお部屋に入ることを了承いただいていましたが、そんな理屈は奥様には通じません)

そしてポケットから指輪を出すところも、たまたま見られていたようです。

「あなた!何でその指輪ポケットに入ってたのよ!」

当然の疑問だと思います。



私は、今までの経緯を全て正直にお話ししました。

KAZ86_kosumos01-thumb-autox1600-18179

お母様が拾ってきたこと、ちょっとずつ戻しておこうと思ったこと、なぜそう思ったかなど、全て洗いざらいお話ししました。

奥様は鬼のような形相でしたが、一応話は全て聞いて下さいました。

半分は信じて、半分はまだ疑っているご様子でしたが、結局最終的に奥様は信じて下さいました。

もちろんこっぴどく怒られましたし、怒鳴られもしましたが、奥様は瞬間湯沸かし器でしたので、すぐに怒りは冷めました。

最後は苦笑して「あなたも仕方ない人ね〜」となぜかご機嫌です。

AXISIMG_0698_TP_V


冷静になった奥様は、私が今まで戻した宝石をみて、お母様が持ち出したのだと悟ったのだと思います。

実はその戻した宝石数点は、全て元々お母様のものだったらしいのです。

しかし、お母様が認知症になってからは奥様がお母様の宝石を管理することにしたそうです。

お母様は、奥様のお部屋で宝石を見つけた時、見覚えがあったものを無意識に選んで持ってきてしまったのだと思います。

たくさんの宝石の中からお母様が愛用していらしたお気に入りの宝石ばかり数点。

それをみた奥様はやはり私の話を信じるしかなかったのだと思います。

そして勝手にお部屋に入ったこと(了承済みでしたが一応)、また宝石の件を黙っていたことを心から謝罪しました。

私は責任を取り家政婦を辞めようと奥様にそう言いましたが、奥様は引き止めました。

その代わり(かどうか?)家政婦よりも、奥様のお稽古を本格的に手伝わされるようになりました。


お弟子さんたちの対応、お着物の管理に着付け。

続けているうちに私は着物の着付けを一通り覚えてしまいました。

結局色々あり、ヘルパー(介護職)は辞めてしまい、CADオペレーターとして設計事務所に再就職しましたが、週一のお稽古のお仕事だけは奥様の希望で続けていましたので、最終的に奥様から着付けの名取を頂けることになったのです。

GAK_orangemagaret_TP_V


私はやっと今この歳になって、ヘルパー時代の私は若くてバカでしたが、あれはあれでよかったのだと思えるようになりました。

感情的で情緒的、良くも悪くもすぐに利用者さんに入れ込んでしまう自分。

一概にそれが悪いか正しいかなど、後になってみなければわかりません。

もちろん『介護職』という職業人としては失格だったと思います。

しかし、人間として色々成長できたのもあの時代があったからこそです。

当時は必死でした。(今もですが)

シングルマザーで2人の子供を(今は3人)育てながら、結果ヘルパーは辞めてしまいましたが、次の道が拓けたのも事実です。


PP_nobitahikoukigumo_TP_V

介護の仕事をしていると、様々な人生を目の当たりにします。

ヘルパー時代の経験は、良くも悪くも自分の人生の終末を考えさせられました。

人生に無駄なことなど一つもありません。

二度の離婚も元夫の暴力も・・・きっと。

今はまだ必死に生きてる途中ですが、いつか自分が死ぬ時には、パズルの欠片がぴったりはまるように人生の伏線を回収できればいいなと思っています。

そのために今を懸命に生きたいと思います。


終。

(※最後までスクロールしていただき、ありがとうございました)

 
★介護の闇はこちら。
【実話】今だから言える訪問介護の闇その1〜地獄の部屋
【実話】今だから言える訪問介護の闇その2〜家政婦とヘルパー
【実話】今だから言える訪問介護の闇その3〜家政婦が辞めていく理由
【実話】今だから言える訪問介護の闇その4〜ヘルパーの適性
【実話】今だから言える訪問介護の闇その5〜最後の宝石
【実話】今だから言える訪問介護の闇その6(最終章)〜人生の終末

★ヘルパーセクハラシリーズはこちら。
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その1
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その2
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その3(前半)
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その3(後半)

 

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

シングルマザーランキング



【こころ】人に合わせる楽しさをみつけましょう

IMG_0411

友人がこんな本をくれました☆

【開運レッスン】(セブン&アイ出版)
 ゲッターズ飯田 ←ブログはこちら

今朝、たまたま開いたページにこんな言葉がありました。

『人に合わせる楽しさをみつけましょう』
IMG_0410


協調性のない私は、ハッとさせられました。

皆に合わせるのが苦手な私は「人に合わせたって意味がない」と思うようにしていました。

実は本当にそう思ってる訳ではなく、そう思わないと自分を否定することになるから、自己肯定の為にあえて気持ちをそう持って行きました。


人に合わせることは悪いことじゃない。
人に合わせると見えないものが見えてくる。
人に合わせてみると視野が広くなる。
人に合わせて流されて、その中で自分がどう学ぶか?


私にとって『人に合わせる』ってことは簡単なことではないのですが、今日は素直に合わせて、流されてみようと思います。




ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング

(自己肯定感の記事はこちら★)
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる

開運レッスンの本はこちらで注文できます。


☆関連記事はコチラ☆
【こころ】剣道日和〜淡々と呼吸をするように生きる
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる
【こころ】子どもたちに伝えたい言葉
【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。

【こころ】湘南〜もう一度あの頃とは違う気持ちであの場所に立ってみたい。
【こころ】2007年3月、10年前の今日の夕暮れ時。



【こころ】シングルマザーのひとりごと『上は見ずに前をみる』

43270741acf695dd4a76d74a59e37188-750x499


『上は見ずに前を見る』


ありきたりな言葉だけど、さっきたまたまこの言葉を聞いて、ほんの少し心に刺さった。


私、上ばかり見てるような気がする。

上ばかり見て、いいな、あーなりたい、こーなりたい。


いや、上ばかりか最近、後ろも向いてる。

昔は駅前のタワーマンションだったのに。

一戸建てにも引っ越したのに。

お庭も車もあったのに。

買い物も子どもの送り迎えも出かけるときはいつも車だったのに。

今はどこに行くにも自転車。あー膝が痛い。

旅行にも行きたい、毎年沖縄行ってたのに、今は・・・



だからすぐに周りのママたちが羨ましくなる。

前に自分が持っていたものがなくなって、今現在それを持ってるママたち。

当たり前のように当たり前の顔してその幸せに気づかず行使してるママたち。


実際は旦那の不倫で悩んでるかもしれない。

嫁姑問題や親の介護で大変かもしれない。



確かに私、離婚して、旦那の不倫で悩むことも嫁姑問題もなくなった。

親の介護もない。


離婚してなくなったものも多いけど、解放されたし、自由にもなった。

自由をとるか、現状維持か。


私は現状維持をするのが難しくなったから自由をとった。

二度の離婚には、全く後悔がない。

元夫には感謝すらしてる。

別れてくれて。

自由をくれて。

子どもたちを与えてくれて。


それでもやっぱり周りが羨ましくなる時がある。



だから友達に旦那の愚痴を打ち明けられると、じゃあ離婚したら?と言ってしまいそうになる。

「あなたも自由を選択したらいいよ」

半分は本音で半分は妬みから。


心の中でそう思っても、口では別のこと言ってる。


「分かる、大変だよね、男って駄目だよね、子育てもっと手伝って欲しいよね、頑張ってね」


だって相談する人たちはただ愚痴りたいだけだから。

本当に嫌いな訳じゃない、離婚したい訳じゃない、ただ聞いて欲しいだけ。

だから同調してあげる。

上からに聞こえるかもしれないけど、同調してあげてる。

頑張ってね、なんて1ミクロンも思ってない。


ありきたりに同調してありきたりにいい人ぶってるけど、心の中じゃ、離婚したらいいじゃん、あなたも持ってるもの捨てて自由になりなよ、そして今度は私の気持ちにも同調してよ、とか思ってる。


本当に性格が歪んでる。

こんな自分が嫌だ。



だから上じゃなくて、前を見る。

上を見ると歪んだ感情が出てくるから、自分の前だけを見る。

『上は向かずに前を見る』

少しだけ心にとめておこうと思った。





ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング

★関連記事
【こころ】2007年3月、10年前の今日の夕暮れ時。
【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。
【こころ】湘南〜もう一度あの頃とは違う気持ちであの場所に立ってみたい。
【こころ】子どもたちに伝えたい言葉
【こころ】剣道日和〜淡々と呼吸をするように生きる


【こころ】2007年3月、10年前の今日の夕暮れ時。

5350c01e


de1f55a8



懐かしい写真が出てきました☆

10年前の今日、2007年3月13日の画像です。

10年前のガラケーで撮った写真なので画質が荒いですね。

当時住んでいたマンションの前の通りと12階からの画像です。

この年の3月、我が家の長男トウ(中3)が保育園を卒園しました。

この写真を撮った数日後です。

懐かしい☆

そして現在、数日後にトウは中学を卒業して高校生になります。

アッキーはまだこの時生まれていません。

不思議ですね、親子や夫婦も含め、人の縁て。

何が起こるか誰と出会うか、誰も分からない。

この時はアッキーがこの世に誕生するなんて思いもしなかったのに、今は隣にいてケラケラ笑ってる。

そしてまさか2回結婚して2回とも離婚するとも思ってない。苦笑

でも2回とも後悔はしていません。

過去の夫たちがいなければ、ナッツもトウもアッキーとも出会えていなかったわけですから。

当時は憎んだり悲しんだりしましたが、今は子どもたちと出会わせてくれて感謝すらしています。

今書いている【告白】も当時の気持ちを思い出して記してるだけの単なる記憶の記録です。

今はもう過去の人ですが縁あって出会った人なので何かしらの意味があるのだと思っています。

きっと必然に出会って必然に別れて、必然に子どもたちを授かって。

そしてどんどん未来は進んでいってこれからも出会う色々な人も必然なのでしょうね。


・・・とかいってなんかセンチメンタルでスピリチュアルな日記になってしまいました☆

まあ、こんな日もあるさ、ってことで。

最近昔の写真が大量に出て来たので、ちょくちょく登場するかもしれませんが、お付き合い頂ければ幸いです☆




関連記事☆
【こころ】シングルマザーのひとりごと『上は見ずに前をみる』
【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。

【こころ】湘南〜もう一度あの頃とは違う気持ちであの場所に立ってみたい。
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる
【こころ】子どもたちに伝えたい言葉
【こころ】剣道日和〜淡々と呼吸をするように生きる


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります☆
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村



シングルマザーランキング


【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。

ブログネタ
海の写真 に参加中!
DSC_3882

東京は午後から雨


朝のドリップコーヒーも朝日のセロトニンも効かず。

ブルーな気分で会社に着くと、急に昭和にトリップ。

淋しい・・・空しい・・・なんとも言えないあの頃の郷愁とほんの少しの甘い感覚。

子どもの頃、休み時間が終わる直前まで上り棒の上からみていた景色。

夕焼けの鐘がなって家に帰らないといけないのに、いつもの帰り道が全く知らない景色に見えたあの不思議な感覚。

あの頃の懐かしいような淋しいような不思議な感覚を白昼夢の中、行ったり来たり・・・

胸の奥の方をギューっとつかまれ子宮がうずく感覚。

私はこれをトリップと呼んで、身を任せてしまいます。

もちろん、言い訳をさせて貰えるならば、仕事はトリップしながらも無意識にキチンとしています。

子どもの頃は数時間、完全にトリップでしたが、大人になるにつれ、両方を行ったり来たり出来るようになりました。

人の脳は誰にも侵されない神域。不思議です。

こういう感覚、皆にもあるのでしょうか?

知りたいです。

【こころ】シングルマザーのひとりごと『上は見ずに前をみる』
【こころ】2007年3月、10年前の今日の夕暮れ時。
【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。
【こころ】湘南〜もう一度あの頃とは違う気持ちであの場所に立ってみたい。
【こころ】子どもたちに伝えたい言葉
【こころ】剣道日和〜淡々と呼吸をするように生きる

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
   ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


 
シングルマザーランキング

楽天
Amazon
Twitter プロフィール
プロフィール

鵬蘭【ほうらん】

2度の離婚を経験したセカンドシングルマザー鵬蘭。
アラフォー子ども3人。
行政書士試験に挑戦します。
仕事・育児・家事・勉強・など、シングルマザーの雑感を綴っています。
告白・実話シリーズ連載中。

日本ブログ村
ブログランキング