カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

登山

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

“登山”談義に花が咲く!~“子ノ権現”と“鋸山”

GWも終わり、また仕事が始まりました。

フロアのド真ん中の席にいるパワハラ男とワガママ女は今日も健在です。

そんなのは無視して、我が部署とおじいちゃん顧問とで、登山談義に花が咲きます。

すみません、当分、ワタシ登山脳です。

頭に草が生えてます。

でも大丈夫!

仕事もきちんんとしてますし、法律の勉強もしています。

安心して下さい!

・・・それはさておき、部署の同僚は『飯能ならここがいいよ』と教えてくれました。

TIZU

『子ノ権現と竹寺』
(場所:埼玉県飯能市大字南461)

子ノ権現は、高麗川と名栗川の分水尾根上に祀られる山寺だ。
南へ連なる山中には竹寺が木立に埋もれ、2つのお寺を結ぶ尾根道は、静かなハイキングコースとなっている。
子ノ権現の正式名称は大鱗山天龍寺である。
千年以上の歴史を誇る天台宗の古刹だ。
鐘楼が最高点で、ここからは子ノ権現の全景と大持山方面が見渡せる。
ヤマケイオンラインより引用

鉄のワラジ『子ノ権現天龍寺』

keidai_warazi
(公式サイトより引用)


そして次は上司のお勧め、『鋸山(のこぎりやま)』です。
(場所:千葉県安房郡鋸南町鋸山)

NOKOGIRI
(鋸山日本寺公式サイトより引用)

百尺観音までは、鋸山ロープウェーで行けます。
そこから40分ほどの登山をします。

NOKOGIRIYAMA

日本寺の御本尊は薬師瑠璃光如来です。

鋸山日本寺子ノ権現天龍寺(公式サイト)

次回の登山の参考にします。


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
 ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村



登山にはトレッキングポールがあると便利!


このトレッキングシューズはキッズ用ですが
25cmまであるので女性でも大丈夫です。



“登山”は最高のリラクゼーション!“天覧山”その2

山頂に着きました!

登山口からここまで20分です。
IMG_1128

看板には195mとなっていますが、公式には197mです。


IMG_0930

山頂からの景色です。

IMG_0923

飯能市街が一望できます。

IMG_1035

山頂でおにぎりを食べて下山します。

このまま多峯主山(とおのすやま)へ行く人もいます。

IMG_1041


緩やかな下り道をゆっくり下ります。

IMG_1059

途中、ウグイスの鳴き声が聞こえてきました。
最高のリラクゼーションです。

IMG_1076

下山。

忠霊塔にご挨拶して天覧山を後にしました。

飯能駅から登山口まで20分。

登り20分。

下り20分。

合計1時間で往復できます。

(山頂での休憩時間は入れていません。)

帰りのレッドアローまで時間があるので飯能河原で川遊びします。


★川遊びに続きます。
母子家庭でもお金のかからない川遊び!~飯能河原

★天覧山その1はこちら

“登山”は最高のリラクゼーション!“天覧山”その1


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ

にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ





 

“登山”は最高のリラクゼーション!“天覧山”その1

埼玉県飯能市にある天覧山(てんらんざん)に行ってきました。

奥武蔵山系、標高197m、山というより丘です。

山麓にある能仁寺に愛宕権現を祀っていたので、昔は愛宕山と呼ばれていました。

この天覧山はアニメ『ヤマノススメ 』の舞台にもなっていて、聖地巡礼でくる若い子たちもいます。

IMG_0828


飯能駅から20分ほど歩くと天覧山登り口に到着します。

IMG_0831


麓の天覧山中央公園は4月には桜の名所になります。

IMG_0832


舗装されている緩やかな坂道を歩きます。
 
IMG_0845


登山というよりはハイキングです。

IMG_0859


10分ほど歩くと途中の休憩所があります。

IMG_0867


産業災害で亡くなられた方の慰霊碑もありました。

IMG_0868


休憩所から少し歩くと分かれ道です。
IMG_0873


左に行くと岩場になります。

IMG_0888

岩場といってもこんな感じで舗装されているので余裕です。

IMG_0896

途中、こんな景色が見れました。

IMG_0901

山頂まであと少しです!



“登山”は最高のリラクゼーション!“天覧山”その2に続きます。


★日和田山はこちら
不覚にも“登山”に萌えてしまった。~日和田山その1
不覚にも“登山”に萌えてしまった。~日和田山その2

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村 その他日記ブログ シングルマザー日記へ
にほんブログ村 


シングルマザーランキング

 

不覚にも“登山”に萌えてしまった。“日和田山”その2

そして少し進むとやっと山頂です!

IMG_0754

もうヘトヘトな訳なんですが、ここでおにぎりを食べる!という目標を立てて頑張りました。

山頂からの眺望はこんな感じ。
IMG_0691

町が一望。

IMG_0700

新宿もかすかに見えます。

IMG_0723

 とりあえずツツジ越しの景色。


IMG_0699

こんな立派な宝筺印塔もありました。


IMG_0730

そして帰りは女坂から下ります。

女坂は緩やかな道で、ハイキングには持ってこいです。

所要時間、登山口から男坂で山頂までゆっくり休みながら歩いて1時間。

下り、女坂で下りて40分。

駅まで20分なので、高麗駅から往復2時間ってとこでしょうか。

IMG_0739


巾着田です。

IMG_0738

帰りの特急『レッドアロー』まで時間が2時間ほどあったので、巾着田の河原(高麗川)に降りて遊びました。

気温も高かったので、川で泳いでる子どももいましたよ。

アッキーは水着を持って行かなかったので、泳ぎませんでしたが、足だけジャブジャブしました。

IMG_0740


帰りのレッドアローに乗ったらすぐに寝るかと思いましたが、最後までアッキーは元気いっぱい。

BBAの私の方がぐったりですが、このぐったりが心地いいのです。

これが登山の醍醐味ですね。

ひ弱なくせに不覚にも登山萌えしてしまいました。

次は天覧山に行こうかな?と密かに計画を立てています。

今晩は疲れてぐっすり眠れそうです。

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


 

不覚にも“登山”に萌えてしまった。“日和田山”その1


今日は登山のお話。

あまり体が丈夫ではないので、スポーツとかアウトドアが出来ないのですが、何故か急に山に行きたくなり、行って来ました。

体が(いや心が?)登山を欲していたようです。

埼玉県日高市にある日和田山(ひわださん)

この日和田山は『ヤマノススメ 』の舞台にもなっていて、聖地巡礼でくる若い子たちもいます。

標高305m。奥武蔵山系。

最寄り駅は『西武池袋線・高麗(こま)駅』

IMG_0574

ここから登山口まで歩いて20分。


途中コンビニで遭難用にスニッカーズを購入。
(てか標高305で遭難する方が難しいかも)

IMG_0580

こんなの初めて見ました。
埼玉クオリティー?


そして登山口に到着!

IMG_0599

 って、もう私ここまで来ただけで満足してしまいそうですが、ここからがスタートです。


IMG_0600

 少し歩くと、男坂と女坂の分かれ道に着きました。



IMG_0604

ここからどちらのコースで行くか決めるのですが、行きは男坂、帰りは女坂がオススメです。


IMG_0609

男坂はこんな感じで急な岩場です。

下りには向きません。

行きも自信のない人は緩やかな女坂から行った方がいいかもしれません。


IMG_0634


必死です。

ピンクのが私です。

ゼエハア言ってます。

もう後ろ姿はBBAです。

自分のでかいケツを見たくありませんが、友達が撮ってくれたので恥を忍んで載せました。


小2のアッキーはすいすい先に行きます。

そして『ママ〜!大丈夫?オラにつかまって!』

と気遣ってくれます。

あー、なんと可愛い我が息子!

IMG_0640


やっと登り切りました。
標高300mで高山病にかかりそうなひ弱なBBAです。


IMG_0643


こんな岩場よく登れたものです、この私が。
ということは、普通の体力の人は楽勝なはずです。
子どもたちなんかは本当にすいすい登って行くので、驚いてしまいます。

IMG_0674

実はここはまだ山頂ではありませんでした。

金刀比羅神社からの眺望はこんな感じ。

IMG_0649

巾着田方面。


IMG_0659

富士山方面。



★その2に続きます。
不覚にも“登山”に萌えてしまった。“日和田山”その2


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング





 
楽天
Amazon
Twitter プロフィール
livedoor プロフィール
日本ブログ村
ブログランキング