geisha-1487363_960_720


昔、20代の頃、日本舞踊を習っていました。

当時、既にシングルマザーで、お家元のお宅で通いのお手伝いをしながら舞踊から着付け、お作法などを教えて頂きました。

当時小学1年生だった長女も一緒に踊りを教えてもらっていました。

最初の内は私が娘の着付けをしていましたが、彼女も段々と1人で着れるようになりました。

踊りはそれはそれは下半身の筋肉を使います。

インナーマッスルです。

足腰を常に下げてゆっくり踊る女踊りから、激しい動きの男踊り、古典舞踊、新舞踊、色々習いました。

毎年、浅草公会堂にも出演しました。

演歌歌手のバックで踊ったこともあります。

政治家のパーティーに呼ばれて披露したことも何度かあります。

ただ私は元々膝が悪かったので、あまり激しい踊りが踊れませんでした。

が、しかし、娘は親馬鹿かもしれませんが、着々とうまくなっていきました。

他の同じ年くらいのお嬢さんよりも動きも作法も一番でした。
(すみません、親ばかです、でも本当なんです。笑) 

そして娘は丸顔で目がぱっちりしていて色白で、本当に着物が似合い可愛かったのです。
(19歳の今でも童顔で可愛いです、親ばかです)

私は踊りと着付けの名取を頂きましたが
(ちなみに名取で戴いた名前がの鵬蘭です)引っ越しや転職など生活の変化があり、残念ながら日本舞踊を続けることができなくなってしまいました。


その時、娘も一緒に日本舞踊を辞めました。

そんな娘は今、専門学校に通っています。

しかし昔の踊りの血が騒ぐのか?芸者(芸妓)さんになりたいと言い出しました。

まだ本気かどうか?ですが・・・

しかし娘の人生は娘のものなので、私は応援することにしました。

まだ、わかりませんが、彼女の判断に任せたいと思っています。

専門学校を卒業して就職するのも良し、はたまた芸者になるのも良し。

まだ数ヶ月は未成年なので親の同意が必要ですが、彼女のやりたいように悔いのない人生を選んで貰いたいです。

とりあえず若いので何でも経験、挑戦です。

ダメならダメでまた考えればいいですし。

しかし本音は娘が羨ましい!

私も娘と一緒にお座敷デビューしよっかな♪と友人に言ったら、
いくら白くしても横に並んだら年がバレる!と言われました。

当たり前じゃん・・わかってるわ、そんなこと。ジョーダンじゃ!笑

ともあれ、どうなるかまだわかりませんが、どんなことがあろうと子どもたちを見守っていこうと決意したシングルマザーの独り言でした。



ちなみに芸妓(げいぎ)は関東の呼称で、京都では芸子(げいこ)と言います。
(舞妓(まいこ)は芸妓(芸子)の見習いのこと)

【こころ】シングルマザーのひとりごと『上は見ずに前をみる』
【雑感】シングルマザー、PTA役員の対応について考える
【雑感】シングルマザー男子大学生と交流する!
【雑感】シングルマザーが相対的貧困を考える
【雑感】シングルマザーの結婚観〜失敗して気づくこと
【雑感】子どもの成長を愁うシングルマザーの話
【名言】シングルマザー、今日からスティーブジョブスになる!


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると今後の励みになります☆ 
  ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング