≪TOUCHING WORD≫
 
感動した言葉。
心を動かされた言葉。

あなたが生まれた時、あなたは泣いて、周りは笑っていたでしょう。だからあなたが死ぬ時は周りが泣いて、あなたが笑っているような人生を歩みなさい。

私はこの言葉を子どもにかけてあげたい。

笑って喜ばれて、悲しませられる人生。

家族にも、友人にもそう思ってもらえる人生。

子どもたちを産んだとき、苦しかった、痛かった、けど、生まれた瞬間痛みは吹き飛び、幸せでした。

出産をやり遂げた自分が幸せなのではなく、ずっと一緒だったけど逢ったことのなかったわが子に逢えた幸せ。

これ以上の幸せはない、と思った。

今でも思い出します。

もう20年も前になるのですね。

でもつい昨日のことのように、幸せを思い出せます。

あの時の幸せな気持ちを忘れずにいれば、きっと、夜泣きも夜中の授乳も反抗期も思春期も受験も・・
様々な困難も全てのことが、幸せなんだと感じられるはず。

だからこの言葉を、今人生の岐路に立っている長女と長男にかけてあげたい。

母はあなたたちが生まれた時からずっと味方だよ。

そしてあなたたちが寿命を終えて死ぬときには、あなたたちは幸せだったと笑って、あなたたちの新しい家族はあなたの死を悲しんでくれる、そんな幸せな人生を歩んでほしい。



以上、今日が高校受験の息子と、来年就職する娘に向けた≪TOUCHING WORD≫ でした。








にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村