告白(修羅場 同棲 結婚 出産 浮気 暴力 別居 離婚の記録)  

ELFASKYDSC06783_TP_V


かれこれ21年前、私は元夫と出会いました。

彼とは同じ会社の同僚でした。


私がその会社に入社した時、2歳年下の彼はまだ十代。

年下でしたが、アルバイト時代からその会社で働いてるので、その会社では一応先輩だったのです。

男性が多く、体育会系の雰囲気のその職場では、若い女性が入社すると、とりあえず皆であーでもない、こーでもない、と品定めをするのが恒例だったようです。

その時から彼は私のことを気に入ってくれていたようです。



まだ私たち二人が付き合う前、会社の飲み会やバーベキューなどに参加すると、気づくといつも彼は私の隣にいました。

しかし年下ということもあり、私は全く彼を男として意識していなかったのです。


そうこうする内に数ヶ月が経ち、仕事にも慣れてきたある日、何故かたまたま二人で飲みに行くことになってしまったのです。(ちなみに彼はその時、20歳になっていました。)

私は最初は乗り気ではなく、なんとなく話していましたが、彼に興味がなかったので、早く皆こないかな~、と上の空でした。

結局その日は、会社の皆は現れず、最後まで二人きりで飲んでいました。

彼の陰謀かとその時は思っていましたが、後から、彼ではなく周りの同僚が仕組んだことだったことを知りました。


そしてこの時の彼の猛アピールの末、私たちは付き合うことになったのです。

私はその頃ちょうど前の彼と別れたばかりだったので、何となく寂しさから付き合いを承知してしてしまったのです。


最初は皆と一緒に会社の飲み会や行事に参加した後、彼が家まで送ってくれるというパターンでした。

皆に冷やかされ、付き合いが周知の事実になり始めた頃、最初はなんとも思っていなかった彼のことを段々と好きになっている自分に気づいたのです。



そして付き合い始めて1ヶ月が過ぎようとしていたある日のこと。

会社に一枚のピザが届いたのです。


何故か頼んでいない私あてに。


・・・。


珍しいこともあるもんだな・・と思いつつ、その場は頼んでいないといって断り、配達の人も首を傾げながら、納得いかない様子で持ち帰りました。

最初は不思議だった私も、若さのせいかそんなことはすぐに忘れ、皆で楽しくお喋りしながら自分で持ってきたお弁当を食べ、午後には通常業務に戻ったのです。


もうその時、私の頭の中は完全にピザのことなんか忘れ去られていました・・・



・・・つづく。


次記事はこちら


ランキングに参加しています。
次回の励みになりますので、
続きが気になる方はポチッとお願いします!
  ↓↓↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村