「小さいことにくよくよするな」

 

これは私の永遠のバイブルです!(*・ω・)ノ

その中から一つ。忍耐について。

忍耐強くなると、当然ですが穏やかで人に好かれるようになる。そして忍耐力がつくと現状に満足できるようになる。忍耐がないとすぐに不安になって、悩んで、イライラしてしまう。忍耐強くなるには、今、この瞬間に目を向けること、先のことを考えて不安になったり過去の自分にくよくよしたりしないこと。どんな時でも「これは大したことではない」と思うこと。

と、『リチャード・カールソン』は言います。




・・・難しいですね(^_^;)

過去、トラウマ、未来、不安、考えないようにしても考えてしまいます。

ELFADSC00133_TP_V


私はどちらかというと、忍耐力に欠けます。

欠けるというより、ほぼ持ち合わせていないかもしれません。

だからあまり人から好かれません( ̄▽ ̄;)!!ガーン

というより、自分が相手を好きにならないから、好かれないのだと思います。

「人は自分を映す鏡」ですから。


しかし、忍耐力は訓練によって強化できます。

と「リチャード・カールソン」は言います←(′∀`)

その訓練法がこれ。
これから忍耐を自習すると決め、時間を区切って訓練する。「これから5分間イライラしないようにする!」と決めて自分に言い聞かせる。ほんの5分でも忍耐することを覚えると、自分は本当は忍耐できる人間だと思えるようになる。 そして、それを10分、30分と伸ばしていく。それを繰り返していけば本当に忍耐強い人になれる。

 なるほど〜!そうでした!

そう言えば昔、この本が発売されてすぐに手に取り、目次から「忍耐」の項目をすぐにめくったような記憶があります。

と言うことは、当時から自分には忍耐力がない、と思っていたと言うこととですね。笑

NIS_ichimenuroko_TP_V


この本が発売された頃、私は悩んでいました。

それは当時の夫の浮気。

私はちょうど長男を妊娠していましたが、夫は浮気して女の家に入り浸りほとんど家に帰ってきませんでした。

たまに帰ってくると大喧嘩で、殴られて何度も流産しそうになったこと。

思い出してしまった。( ;∀;)

その時にこの本を手にとって、「小さいことにくよくよするな」「所詮全ては小さなこと」この言葉に当時かなり救われました。


結局離婚してしまいましたが、忍耐力がないから離婚したわけではなく、当時はお互い納得して離婚できました。

今はこの1人目の夫のことは恨んでもいないし、ただの過去の人になりました。

(しかし離婚した2人目の夫のことはまだちょっと許せていません・・^_^;)


また最近、ちょっと「小さいことにくよくよする」自分に気づき、久しぶりにこの本を手にとって目次を見てやっぱり「忍耐」のところを真っ先にめくってしまいました。笑

ん??

てことは私成長してない?

結局人って変われないの?

と思ってしまうところですが、それは自分が努力していないから。

変わる努力、訓練、これをここ最近怠っていたからです。

「リチャード・カールソン」は決して間違っていません!

自分のせいです。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ 
 

image


皆さんもストレスを感じたらどの啓発本よりもシンプルなこの「小さいことにくよくよするな」を読んででみてください。

これ1冊で大丈夫です! 

今は古本屋に安く売っていますので。笑 

 


★関連記事
シングルマザーの生き方〜ゆっくり生きることが大切な6つの理由


にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村


シングルマザーランキング