無水カフェインとは

無水カフェインとカフェインの効果はほぼ変わりません。

カフェインから水分子を取り除いて、凝縮したものが無水カフェインです。



image


カフェインの効果


・(眠気覚まし)中枢神経を興奮させることによる覚醒作用

・(心機能改善)心臓の収縮率を高める強心作用

・(頭痛の緩和)血管を収縮させる作用


カフェインの副作用

・動悸 ・不整脈 ・利尿作用による脱水 

・眩暈 ・不眠 ・胃酸過多など



カフェインの一日の摂取量

1回の摂取につきカフェイン200mg(約3mg/kg体重)以下、1日あたりでは400mg(約5.7mg/kg体重/日)以下。

約5時間で代謝されます。


エスタロンモカ12


主にカフェインの錠剤を無水カフェインと呼び、第3類医薬品として薬局で購入することができます。


image


エスタロンモカ12は、ねむけを防止する医薬品です。2錠でコーヒー3~4杯分のカフェイン(成人1回服用量中)を配合、大脳皮質に作用してねむけを除きます。さらに、ビタミンB1・B6・B12がカフェインとともに働いて、倦怠感を取り除きます。会議の時、深夜の残業、受験勉強など、ねむけをとりたいときに効果的です。(エスエス製薬ホームページより引用)


1回 2錠(1日2回)服用で 1錠には 100mgのカフェインが含有されています。


まとめ

image

自分の備忘録のためカフェインについて真面目に書いてしまいました(・◇・)ゞ

実は私が毎日服用している処方薬はとても眠たくなります。

そのため毎日カフェインの摂取は欠かせません。

カフェインを取らないと、集中力、眠気、筋弛緩・・とても仕事になりません。

私のカフェインの摂取方法は、朝目覚めにドリップコーヒー飲むか、どうしても時間がない時は、仕方なくエスタロンモカ 1錠(100mg)。

なるべくコーヒーで摂取するようにしています(´・ω・`)

そして昼食後、ドリップコーヒー(100mg)夕方3~4時にもう一杯(100mg)で一日大体300mgのカフェインを摂取しています。

他にもチョコレートや緑茶、コーラ、エナジードリンク、あるいは市販の頭痛薬なんかにもカフェインが入っている場合があるので、一日の摂取量を超えないように気をつけています。


カフェインは手軽に採れるので普段あまり意識していないと思いますが、実は500mg以上のカフェインを含むものは劇薬に指定されています。


ということは、一回に5杯以上のコーヒーを飲むことは危険!?

しかし私、貧乏性なのでドリンクバーではコーヒー3杯くらい飲んでしまいます( ̄▽ ̄;)!!ガーン


「エスタロンモカ12」は本当に「いざ!」という時だけの飲み方がいいのかもしれません。

無水カフェインの話を化学専攻していた友達にしたら「危険だから飲まない方がいい」と言われましたが、きちんと管理をして飲めば安全です。

でもせっかく友達が助言してくれたので、用量を考えて必要な時だけ、飲むようにしたいと思います。




にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング