カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

2017年03月

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【告白⑩】上司の逆襲〜可愛さ余って憎さ百倍


PP_senrozoi-thumb-autox1600-12721

【告白⑨】はコチラ

つづき。


彼(タク)と同棲を始めて数ヶ月が経ちました。

タクとの微妙な距離感や不信感が少しづつ積もっていっている時期でした。

まず彼の男友達と私はうまくやっていけそうにない、ということ。

それはそうですよね、あの男に殴られたのですから。

20年たった今も忘れていません。

そして湾岸の上司も私たちの同棲をよく思ってなく、それも輪にかけて距離感ができたのかもしれません。

上司には私に対するプライドや彼に対する妬みがあったのだと思います。

上司は事あるごとに私たちの関係に口を出してきました。

同棲するならどっちかが会社辞めろ、とか(実際、規定には結婚したらどちらかが別の営業所に移動しなければいけないのですが、同棲は規定にないので問題はありません) 会社で口をきくなとか、色々。

確かに、周りの同僚の手前、あまり仲良くしたりするのは公序良俗的にも よくないとは思いますが、周りの同僚たちは祝福してくれていましたし、公認の仲でしたので口をきかないのは少し大袈裟です。

そして上司の私に対する束縛や言動が段々とエスカレートしてきたのです。

保険に入るなら、俺が紹介したところに入れ!とか、貯蓄をするならこの銀行のこの商品で積み立てろ!とか、あいつとは飲みに行くな、とか、残業して俺の仕事手伝えとか、散々でした。

なぜこうなったか、と言うと、やはりあの湾岸での出来事が原因です。

上司は私に振られた形になっていたのが悔しかったのです。

そして、私が彼と別れるように色々手を変え品を変え、彼に私の悪いところを吹聴してみたり、逆に彼の悪いところを私に言ってみたり、必死でした。

自分と不倫しろ、さもないとお前の立場が悪くなるぞ!と言うパワハラです。

当時はセクハラ、パワハラなんて言葉はまだなく、単なる上司の部下いじめです。

そして前にも言いましたが、上司は妻子持ちです。

ただ奥さんとはうまくいってなくて離婚調停中でした。

すると、ある日会社に上司の奥さんから電話がきたのです。

〇〇(上司)の妻ですが、〇〇は、いますか?と。

上司はお休みでしたので、私は『今日はお休みをいただいています。』と答えました。

それがいけなかったらしく、奥さんは明らかに機嫌が悪くなりました。

それはそうですよね、会社にいるとばかり思ってる旦那が自分の知らないうちに会社を休んでいるのですから。

私も言ってしまった後にまずかったかな?と思いましたが、後の祭りです。

すると奥さんは言いました。

『あなた□□さん?主人からよく話を聞いてます、主人がお世話になっているようで!』

・・・

奥さん何か勘違いをしてます。

私と不倫をしているとでも思ってるかのような言い方でした。

離婚調停中の上司が奥さんに私の話なんてする訳ないので、多分奥さんのハッタリだと思いますが、ただ、会社っていうのは、『壁に耳あり障子に目あり』なので、どこからか噂になっていたのかもしれません。


私は車の中で上司に勝手にキスされただけです。

ご飯と飲みに何度か行っただけです。

自分からは一切誘っていませんし、勘違いさせるような言動もしていなかったと思います。


そして奥さんばかりでなく、タクも私と上司の関係を少し怪しんでいました。

それはそうですよね、上司が彼に私との同棲を解消するように勧めてきたり、残業で上司と二人きりで仕事している私をみて疑っていたと思います。

ただ私も私なりのプライドがあったのと、実家に戻りたくないという思いから、タクとの同棲を解消するつもりはありませんでした。

色々ありながらもタクとの同棲はダラダラと続いていました。

そして同棲を始めて一年が経とうとしていたある日、私は会社のイベント中、事故で大きな怪我をしてしまったのです。





つづく。



☆関連記事
【告白①】一度目の離婚への道のり~元夫との出会い
【告白②】ある日いきなり嫌がらせがはじまりました..
【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ
【告白④】元カノ登場!あ〜女って本当に面倒臭い!笑
【告白⑤】二つの別れ話、そしてふたりは・・・?
【告白⑥】上司の誘惑〜湾岸とタバコと香水の匂い
【告白⑦】元夫との波乱づくしの同棲生活が始まりました。 
【告白⑧】メンヘラかまって女の"マウンティング"とは!?
【告白⑨】逆ギレ男の突然の暴力、泣き叫ぶ私。


ランキングに参加しています☆
クリックして応援して頂けると励みになります。
⇩⇩⇩

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング





 

【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その3(前半)

PED_yokuharetaaozoratoookinaki_TP_V

私の最後の利用者さん(仮名Sさん)のお話です。
 (長いので2回に分けます) 

Sさんは、筋力の病気で下半身不随の為、車椅子生活をされている61歳の独居男性でした。

若い頃に離婚されて息子さんが一人いるらしいのですが、会うことはほとんどないそうです。

私は週3回で1回3時間で請けました。

ほぼ毎日介護が必要な方なので、他の曜日は私以外のヘルパーが訪問していました。


Sさん宅に初めて訪問した日は、暑い夏の盛りでした。

61歳と聞いていましたが、そんな風には見えず50台前半くらいに感じました。

その時は下半身不随だけでしたが、段々と上半身も動きづらくなってきて最終的には、全身不随で寝たきりになってしまうという難病の方でした。

そして手の方も段々と動かしづらくなってきているようでした。


最初の訪問はいつも緊張しますが、大抵独居男性の場合は、利用者さんの方が気を使ってくれます。

初日は、挨拶と今後やることの確認です。

掃除、洗濯、調理、買物、ベッドメイク、入浴介助、移動、など。

ほぼ全ての家事と身体介助です。

これを全部 3時間でするのは大変なので、曜日を決めて、スケジュールを作っていきました。

Sさんはパソコンが得意でしたので不自由な手で器用にデータを作っていきました。

インターネットができる環境なので、情報もいろいろ入り、頭の方は大分しっかりされていました。

ただその『情報が入る』というのも考え物で、ネット上には、いい情報も悪い情報も、真実も嘘もごろごろしています。

それを判断するのは、私たち個人です。

 
そしてSさんと今後のスケジュールを確認した後、洗濯をして、今日は話し相手になって欲しいと言われ、いろいろお話しをしました。

離婚されたこと、息子さんのこと、元奥様のこと、彼女さんのこと、仕事のこと、病気のことなど、Sさんはご自身のことを色々教えてくれました。

そして時間がきて帰る時に、Sさんはこう言いました。

『できる料理のレパートリーを次回までに紙に書いてもって来て欲しい』と。

私は快諾し、家で、得意料理のメニューを書き出しました。

とは言っても、私は普通のシングルマザーなので、フランス料理とか、イタリアンとか、いわゆる名前のついたお洒落な料理ではなく、スーパーで安い食材を先に買って、あるもので作る家庭料理ばかりです。

そして次にSさん宅に訪問した時に紙を渡すと、今度はその料理の内容をみて、1週間分の献立を作り始めました。

とにかく、なんでも計画的な方でした。

洗濯は週1回、掃除は週2回、入浴は週3回、ベッドメイク、調理は毎日。

週3回の入浴は私が伺う日になりました。

なので私の主な仕事は、入浴、調理、ベッドメイク、週1で買物でした。

伺うとまず料理をします。

料理は当日のお昼と夜と翌朝の分で3食分。

献立はSさんが決めたものを作ります。

次は入浴です。

車椅子で脱衣所まで移動し、脱衣所で服を脱がせます。

そしてSさんを抱えて、お風呂の介護用の椅子に座らせます。 

私は自分の服がぬれないように、短パンとTシャツで介助します。

入浴は着替え、移動なども含め、1時間かかります。

そして、ベッドメイクしてお話しして終了。

こんな感じで1週間(3回)通いました。


そして翌週。

Sさんはこう言いました。

『他のヘルパーと変わって、来週から毎日来て欲しい。』

どうやら他の曜日のヘルパーは料理が苦手らしく、3食分作らせても美味しくなくて、完食できなかったそうです。

私は別の利用者さんも訪問していたので、毎日は無理だと思いましたが、Sさんが事務所に交渉してくれて私が土日以外の毎日週5回で訪問するようになりました。

介護度が高く、身体介護の多いSさんは、時給が高いのです。

シングルマザーの私にとっておいしい仕事でしたので、正直、ラッキー!と思いました。

私にとって介護の仕事は、奉仕の心というよりは、自分の生活の為でした。

今思えば訪問介護にやりがいを感じることもありませんでした。

介護する相手はお金の為で、利用者さんはヘルパーを家政婦扱いです。

お互い様の関係です。

でもそれでうまくいくならそれでもいいのですが、利用者さんがヘルパーに無理難題を言ってくることも多々あります。

それをうまく断れるかどうかがヘルパーの腕の見せ所なのですが、私はそれが下手でした。


そしてSさんも、無理なことを頼んでくるようになりました。

髪の毛を切って欲しい、とか爪を切って欲しいとか、湿布を張って欲しいとか、歯磨きを手伝って欲しいとか、軟膏塗って欲しいとか。

大したことではありませんが、ヘルパーがやってはいけない事柄なのです。
(当時はダメでしたが、平成17年に解禁されています)

換気扇の掃除や風呂釜の掃除やおせち料理なども、日常の家事ではないので、ヘルパーはできません。

それをするには、ケアマネに相談して利用者さんが業者に頼んだり、福祉課の方で手配するとか、色々決め事があります。(今はどうかわかりません) 

ただそれを断ると機嫌が悪くなる方もいるので大変です。

Sさんはインターネットで情報が手に入るので、爪きり、湿布、軟膏、などはグレーゾーンで、やっている介護事務所もある、だからやって欲しい、と言ってきました。

事務所に確認すると、『うーん、まあ利用者さんに言われたことはなるべくやってあげて』というので、やることになりました。

事務所にとってもSさんは大きな財源だったようです。


すると、どんどんSさんの要求がエスカレートしてきたのです。

100均で散髪バサミを買ってきて、髪を切れ、とか。

うまくカットできないと悪いのでやめた方がいいと思う、と断っても、下手でもいいから切って、というので切りました。

しかも、切れ味の悪い100均のはさみでシャキシャキ切れる訳もなく、失敗しないようにゆっくり切ってると、早く終わらせて、とか、鏡を見ながら、こっちが長い、あっちも切れとか、もう勝手ばかりです。

結果ガタガタになりました。

それはそうです、100均の散髪バサミなんかで10分以内で切るなんて、多分、美容師さんでも無理です。

ただ、Sさん宅の訪問は時給がよく毎日確実に3時間入れる利用者さんだったので、私なりに色々頑張ってやりました。

その甲斐あってか、Sさんに気に入られました。

そして前回の利用者さんもそうでしたが、身体介護が多いと独居男性は勘違いやセクハラをするのです。

これはもう若い女性ヘルパーの全国共通の問題です。


そしてSさんも例外ではありませんでした。



つづく。 

※次回はかなり直接的な表現がありますので、その辺もふまえて読まれてください。
 

★ヘルパー実話★

【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その1
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その2
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その3(前半)
【実話】女性ヘルパーの介護はセクハラの巣窟〜その3(後半)

ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると励みになります☆
 ⇩ ⇩ ⇩

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング


『男は頭で考え、女は子宮で考える』男女で違う脳の仕組み


MIMIYAKO85_tewonigiriauhutari20140725_TP_V


■男性と女性の脳の違い

『男は頭で考え、女性は子宮でものを考える』とはよく言ったものですね。

左右の脳を結ぶ神経の束の脳梁が女性は男性よりも太いそうです。

すると男女の違いはこうなります。

女性】

情報量が多い
感情的になりやすい

男性よりも喜怒哀楽がはっきりしている

複数のことを同時にできる
コミュニケーション能力に優れている
地図が読めない

【男性】

一つのことにしか集中できない
論理的である
空間認知能力、情報処理能力が優れている

決断力や直観力が優れている

地図や図形を素早く理解する

他人の気持ちを想像するのが苦手
話がきけない




■話をきかない男、地図が読めない女

まさに私は空間認知能力がありませんし(距離感がつかめない)地図を見るのも苦手です。

なので球技が昔から全くできませんし、地図も上下左右逆さまにしないと見れません。

しかし、他人や自分の感情の動きに敏感ですし(良くも悪くも)、相手の話はよく覚えてます。
(最近忘れやすいのは単に年のせいです、汗)

そして相手のちょっとした変化にも敏感なので、旦那の浮気も見抜けました。(いいのか、悪いのか、笑)



 

■男の子の脳、女の子の脳

子どもでも女の子と男の子で違います。

長女は複数のことを同時に出来るし、空気が読めるし感情にも敏感です。

長男次男は一つのことに集中すると周りが見えなくなるし、話も聞けないです。

次男は算数の図形での認知能力に優れていますし、長男は道を覚えるのも早いし、直感がするどい。


男女を育てて感じたのは、男の子の育児は難しいということ。

私自身が女というのと、うちには父親がいないというので、そう思うのかもしれませんが。

子供たちは思春期になると、『他人より自分』が男の子の特徴で、『自分よりも他人』が女の子の特徴です。
(自分自身も思春期の頃はそうでした。)

色々経験して思ったのは、女の子にも男の子にも幼児期にはいっぱい愛情を注いで、ある程度の年齢になったら(10歳くらい)あまりうるさく言わずに見守るのがいいと思います。

女の子は自分で考えられるし、軌道修正も自分で出来ます。
(個人差があるかもしれませんが、娘はそうでした)

男の子には自信をつけさせるために。
うるさく言って自己肯定感が低くなってしまわないように。
(実際には長男にはうるさく言っていた気がしますが。)


男の子も女の子も心配ですが、そこはぐっと我慢して見守りに徹することです。
(自分の失敗も含め言ってます。)



■子どもへのまなざし

次男はまだ小学1年なので、まだまだ愛情注ぐ時期です。

末っ子で上と年が離れているからかもしれませんが(私も年をとったからかも?)可愛くて仕方ありません。

もちろん上の2人も可愛いですよ。

ただ、上の時はがむしゃらだったので、今になって、あの時ああしとけばよかった、こうしておけばよかったと、反省することが多いです。

それも踏まえて次男には、愛情を注ぎつつ、思春期になったら信じて見守りに徹しようと思っています。

男女で脳の仕組みが違うので、得手不得手がありますが、どちらが優れているとかではなく、そこを補いあってこその家族ですし、社会でもまた同じように助け合っていければいいですね。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると励みになります☆
 ⇩ ⇩ ⇩
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング







【ニュース】風俗の収入隠し、生活保護を不正受給

DSCF5898_TP_V


風俗の収入を隠し、生活保護を不正受給――田中由美さん(仮名)の甘くない現実 (週刊SPA!) - Yahoo!ニュース



この記事は一体何が言いたいのでしょう。

1年に1回大病するから定職につけないけど、風俗では働けると。

そして風俗の収入は隠して生活保護を不正受給していると。

家賃が払えず、大家に生活保護申請と風俗でもやれと脅された。

悔しくて悔しくて、生活保護を申請した。

そして風俗の収入8万と生保受給13万で21万貰えて、スポーツジムに通えるようになった。

・・・結果、その大家のおかげじゃないですかね。

悔しいも何も半年家賃を滞納して追い出されなかっただけましでは?

ただ風俗の収入は申告していないから不正受給。

その割には小田原ジャンパー事件を持ち出して、他にも不正受給してるヤ○ザもいるから、そっちを先に取り締まれと。

いやいや、まずあなたジムやめて下さいよ。

そして他の受給者は駄目そうな人が多いから、生活保護から抜け出したいそうだ。

あなたも十分駄目な受給者だと思いますが。

うーん、なんか、全てが矛盾だらけの記事ですね。

不正受給者はこんなにも大変だから同情して、という記事なのか、はたまた不正受給を糾弾したいのか。

結局どっちでもなく、ただただ書き連ねただけ?

キーワードは『生活保護のリアル』だそうですが。

リアルだからと言って、ただの矛盾をつらつら書き連ねただけのよくわからない記事でした。



ちなみに私、ヘルパーやってる間に何人か生活保護受給者見ました。

そのお金で高いオーディオやスピーカーを買ったり(100万位だそうです)、私のよりいいヘルシオという10万位の電子レンジ買ってました。

シングルマザーで貧困でせこせこヘルパーとして働く自分がバカらしくなった記憶があります。


以上、シングルマザーの個人的な意見でした。



ランキングに参加しています。

クリックして応援していただけると励みになります☆
 ⇩ ⇩ ⇩
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング




 

【実話】ケチな男ランキング〜元夫のケチエピソード

PAK85_deskshiryou20131223_TP_V
気になったランキングがあったのでまとめてみました。


★ケチな男ランキング★

第1位/1円単位まで割り勘する
第2位/デートでガソリン代を請求
第3位/お祝いや香典、プレゼント代を渋る
第4位/はきつぶれるまで同じ靴を毎日はいている
第5位/大人数のとき、会計時に出し渋る
第6位/ボロボロの財布をずっと使っている
第7位/デートでも安居酒屋にしか行かない
第8位/どんなときもクーポン券を使おうとする
第9位/何でも経費で落とそうとする
第10位/自分のケチな行動をカッコいいと思っている

★シングルマザーの雑感

1位、これ最悪ですね。割り勘はアリとしても、細かいのは嫌。

2位、これも嫌。私、自分の車乗ってましたが、彼と私の車で出かけた時に、払ってとは言わなかったから。大勢で遠出するなら割り勘でいいと思いますが。デートでしょ?

3位、お祝い事や人へのプレゼントってこういうのは大事じゃないですか。基本的な礼儀です。

4位と6位の靴と財布はケチというより身だしなみに無頓着なだけかも。
別の意味で嫌ですが。

5位、意味分かりません。出し渋って誰もいい気分にはならない。皆、結局出さなきゃいけないなら最初から自分の分は出せばいいじゃないですか。必要経費です。

7位は最初だけでも少しは見栄を張って欲しい。初めから居酒屋は本当に付き合う気ある?したいだけ?と疑う。付き合い出したら、ファミレスでも私はOK。

8位のクーポンは私はありです。節約とケチは違うので。ただクーポンが出てこなくて(見つからなくて)イライラしたり機嫌悪くなるやつは最悪(←元旦那)


9位は勤務先の経費?それなら駄目だけど自営ならありじゃないですか?

10位は何がカッコいいのかわからない。ケチを自慢してどうする?『ケチな人が好き』って人いるのかな?男でも女でも。聞いたことがない。私自身がケチではないので理解できません。

うちは母子家庭なので節約はするけど、好きな人や友達や大事な人には安くてもプレゼントあげたいし、お祝いもしてあげたい。
それをしない人は相手に興味がないか、ただのケチか自分勝手な人なのでしょう。


★元旦那の再婚前のケチなエピソードを1つ。

2回目のデートの時、ドライブに行くことになり、運転は元旦那がするというので、行き先は元旦那が勝手に決めました。
(ちなみに私、行きたいところも聞かれてもないし、どこでもいいよ、とも言っていません。私、聞かれたら行きたい所必ず言うタイプなので。)
車は母子家庭の私の車で、奴は持っていないのに、偉そうに私の車で何故か二子玉のデパートに連れていかれました。
そして『女の人は買い物好きでしょ?』とドヤ顔で言い、目的もなくデパートぶらぶらしていました。
でもデパートは基本高いし、その時、欲しい物もなかったし、お金もないしで買い物はせず、でも元旦那に気を使い、あれ可愛いね、これ素敵だね、なんてウィンドショッピングを1時間くらいしてたんです。
すると、『買わないの?』と言ってくるので、『うん、今日はいいかな』と言うと、急に目が据わり、無言で駐車場に行き、清算の時に『ちっ!高いな!』と舌打ちをしたのです。
正直私、引きましたが、2回目のデートだし、気を使って『そうだね、デパートの駐車場って高いよね』と同調しましたが、完全に機嫌悪くなってる。
いや、まずこれ私の車だし、人の車で相手に聞きもせず勝手にデパートへ連れていき、買わないからって機嫌悪くなるってあり得なくないですか?
しかも駐車場代が高いと言って舌うち?
あの時やつの本性に気づけばよかったんですけどね。

他にもたくさん非常識なエピソード(犯罪や暴力や風俗やアル中など)がありますが、それはまた【告白】シリーズで。

追伸:目的のあるケチなら仕方ないです。資格取得の勉強中だから、とか、転職の為一時的に無収入だとか、夢を叶える為に節約してるとか。ただ、その目的が叶った時にもケチのままだとそれはまた別問題です。だって、夢が叶ってお金が入ってもまだケチなら、結局それはその人の性質ですから。今相手に我慢させてる分、夢が叶ったらケチは止めて欲しいです。


ランキングに参加しています。
クリックして応援していただけると励みになります☆
 ⇩ ⇩ ⇩
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング



楽天
Amazon
Twitter プロフィール
livedoor プロフィール
日本ブログ村
ブログランキング