カントリーロード~セカンドシングルマザーの生きる道

行政書士を目指すシングルマザー。離婚・再婚・資格・貧困・教育・育児・登山・読書・絵手紙のことなど書いています。

2017年02月

シングルマザー 鵬蘭 アラフォーです☆
開業目指して法律系の資格勉強中です。

趣味は、登山、ハイキング、ピクニック、絵手紙。読書。

秩父・飯能・奥多摩など好きです。

神社・仏閣も好きですが、中々忙しく巡ることができません。

いつか御朱印帳を持って秩父札所巡りをしたいです。

二度の離婚・再婚・起業・資格・貧困・育児・教育・趣味のことなど雑感を綴っています。

正直者なので少し毒舌な時があるかもしれません。
たまに空気が読めない時があるかもしれません。
悪気はありませんし、人は傷つけません。


ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆


にほんブログ村

【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる

自己肯定感

子どもと関わる上で大事なこと。
自己肯定感を高めてあげること。

本当に心からそう思う。

自分の話になりますが、実は私自身、自己肯定感の低い人間なのです。

だから他人に認めて貰いたくて
色々頑張ってしまう。
無駄なアピールをしてしまう。
テンション上げすぎて空気が読めなくなってしまう
周りは私を明るい人だと思っているかもしれません。


そして家に帰ってくるとぐったりし、布団に入ると今日の自分を反省して眠れない...
そんな夜が多々あります。

眠れないと必ず子どもの頃の様々なトラウマを思い出す。




子どもの頃、家は貧乏で両親ともに私には無関心でした。
普段全く子どもを無視して口をきかない父はアル中の酒乱でよく暴れて私を殴った
母は父に殴られて痣を作った私の顔をみて、大した事ないわよ、と言って般若みたいな顔で笑っていた。
(4つ上の姉は要領が良かったので何故か可愛がられていました。)


深夜の仕事だったので、夜、両親はいなく祖母に育てられた私は、おばあちゃん子でした。
それをよく思わなかった両親は、愛情も時間もくれないのに、『祖母に懐くな、祖母と出かけるな、祖母と喋るな』私と祖母を引き離しました
(祖母と両親もかなり仲が悪かったようです。)

買ってくれない、聞いてくれない、遊んでくれない、ほめてくれない、抱きしめてくれない、の、ないないづくし。
でも束縛だけはする。


子どもの頃の私は今思えばADDだったと思います。
当時はもちろんそんな名前はなく、ただのぼーっとした変わった子どもという目で見られていました。
私自身よくトリップして5時間くらい暗い洗面所で考え事(いわゆる別次元を生きてる感じ)をしていても平気な子どもでした。

(トリップの記事はコチラ☆)

担任はもちろん私を目の敵にして、よくビンタをしたり、1人で廊下のぞうきんがけをさせたり、クラスで物がなくなると必ず私に濡れ衣を着せるような今では考えられないクソ教師でした。


当時、実家の家業はスナックでした。
そこで働いていたウェイターの男
その男は母と姉と仲がよく、よく家に遊びにきていました。
(というより入り浸っていました

そして私の姉と共謀してよく私を虐めて遊んでいました。
真っ暗な部屋に数時間閉じ込められたり、顔面にボールを投げつけて私がすごい顔で倒れたのが面白かったらしく、当時、中学生だった姉と大笑いしながら、近距離から何度も何度もボールを投げつけられました。

子どもの頃から目が悪かった私は眼鏡をかけていましたが、その眼鏡が壊れました。
もちろん母は怒ります。私を虐めて喜んでいた二人ではなく、眼鏡を壊され、顔に怪我をした私を。



もちろん5年生くらいからグレましたよ。
必然です。

口紅を塗って登校して6年生と喧嘩しました。

6年の時にはオキシドールを頭からかぶり髪を脱色しました。
両親は私に生理が来たことも脱色したことも気づきませんでした。
数日お風呂に入らなくても歯を磨かなくても気づきませんでした。

多分、反抗して構って欲しかったのだと思います。

やっと担任に指摘され、気づき、理由も聞かず私を皆で罵るばかり。
その時、担任はこう言いました。

やっぱりスナックなんてやってる家の子はまともじゃないんですね。
スナックなんてやめたらどうですか?

その時、親と担任が喧嘩したのを覚えています。
私はどっちもどっちだな、冷めた目で大人たちを馬鹿にしていました。




そんな子ども時代を夜な夜な思い出しては、子どもの頃の自分が可哀想になる。
大人の私が子ども時代の私を不憫に思い、慰めて、大丈夫だよ、愛してるよ、と抱きしめてあげる。
そうしてようやく睡眠導入剤の力も借りて眠れるのです。

自分自身で自己肯定感を高めようと必死に子ども時代の自分を肯定する。
自分にとっては当たり前の儀式なのですが、とはいえ、しんどいのです。

毎晩、思い出す訳ではないんですよ。普段は幸せですから。
大好きな子どもも3人います。
多くはないけど友人もいます。
ご近所さんとも職場の同僚とも仲良くやってる。

ただやはり、トラウマはトラウマとして自分で認めて、そして慰める儀式は必要なんです。


自分語りが長くなりましたが、そんな子ども時代があるからこそ、自分の子どもにはそんな思いをして欲しくないのです。

自己肯定感を高めてあげたいんですよ。

7歳の末っ子アッキーには、毎日『愛してる!』『生まれてきてくれてありがとう!』と言っています。
頑張って何かが出来るようになったら、なるべく結果を褒めるのじゃなく、努力した過程を褒めるようにしています。
『頑張ったね!』『たくさん練習したね!』と。

子どもたち三人は三者三様ですが、私がいなくなっても兄弟で力を合わせて力強く生きていって欲しいです。

それが母の一番の願いなんです。

私も子どもたちに負けないように自己肯定感を高めて人生頑張りますよ!



にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング




☆関連記事はコチラ☆
【こころ】剣道日和〜淡々と呼吸をするように生きる
【こころ】虐待、自己肯定感〜そして子ども時代の自分を抱きしめる
【こころ】子どもたちに伝えたい言葉
【こころ】昭和にトリップ〜郷愁とほんの少しの甘い感覚。

【こころ】湘南〜もう一度あの頃とは違う気持ちであの場所に立ってみたい。
【こころ】2007年3月、10年前の今日の夕暮れ時。












 


【告白③】嫌がらせの犯人が判明!そしてまさかの展開へ

告白②のつづき

PP_naisendenwa_TP_V


その日から、もう嫌がらせの嵐です。

会社、自宅、全ての電話に私宛の無言のいたずら電話。

同僚、上司、親、全ての迷惑をかけてる人に平謝りです。

今思えば通報してもよかったのかとも思いますが、当時はそこまで考え付きませんでした。


そして数日後、犯人が判明したのです。

犯人女。身元も判明。

何故、犯人が分かったか。

それは、私がたまたまその電話に出たときに相手の女がすごい勢い喋りだしたのです。


『このどろぼう女!私の友達の彼氏を寝取ったでしょ!!友達はあんたのせいで毎日泣いてる。自殺まで考えてる!友達に謝って、彼氏と別れろ!!』

ということを電話口で叫びました。



・・・彼だ。

彼の元カノの友達からだ!


しかし私は彼と付き合うことになった時、元カノとは別れたばかり、と聞いていました。

彼が嘘をついたのか、元カノが勘違いしているのかは分からなかったが、とにかくうまく別れ話がついていなかったのです。


私はその時、色々な感情がにじみ出ました。


私関係ないじゃん!!
二人で話し合ってよ!!

そんなことで会社や家にいたずら電話や出前をしてきたことに腹がたちました。


そして今思えば一番不可解なのが友達と名乗る女。

もし本当の友達ならこんなことするだろうか?

・・・私ならしない。

そして友達のためにそこまで労力を使うことが何より信じられませんでした。



もちろんその夜、私の車の中ですぐに彼を問い詰めました。

彼はその報告を受けても、また『ふーん・・・』と言っただけでした。


・・・!!

あんた、マジ馬鹿なんじゃないの!?


私は元カノのしたことより、彼のそのリアクションの方が理解できなかったし、信じられませんでした。

かなりイラついてた私は、今すぐここで元カノに電話して、きちんと別れろ!そして二度と嫌がらせしないように教育してきなよ!!!と言いました。



するとそこで、まさかの展開が待ちわびていたのです!!!



つづく・・・


つづきは告白④へ

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

【こころ】子どもたちに伝えたい言葉


≪TOUCHING WORD≫
 
感動した言葉。
心を動かされた言葉。

あなたが生まれた時、あなたは泣いて、周りは笑っていたでしょう。だからあなたが死ぬ時は周りが泣いて、あなたが笑っているような人生を歩みなさい。

私はこの言葉を子どもにかけてあげたい。

笑って喜ばれて、悲しませられる人生。

家族にも、友人にもそう思ってもらえる人生。

子どもたちを産んだとき、苦しかった、痛かった、けど、生まれた瞬間痛みは吹き飛び、幸せでした。

出産をやり遂げた自分が幸せなのではなく、ずっと一緒だったけど逢ったことのなかったわが子に逢えた幸せ。

これ以上の幸せはない、と思った。

今でも思い出します。

もう20年も前になるのですね。

でもつい昨日のことのように、幸せを思い出せます。

あの時の幸せな気持ちを忘れずにいれば、きっと、夜泣きも夜中の授乳も反抗期も思春期も受験も・・
様々な困難も全てのことが、幸せなんだと感じられるはず。

だからこの言葉を、今人生の岐路に立っている長女と長男にかけてあげたい。

母はあなたたちが生まれた時からずっと味方だよ。

そしてあなたたちが寿命を終えて死ぬときには、あなたたちは幸せだったと笑って、あなたたちの新しい家族はあなたの死を悲しんでくれる、そんな幸せな人生を歩んでほしい。



以上、今日が高校受験の息子と、来年就職する娘に向けた≪TOUCHING WORD≫ でした。








にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ

にほんブログ村

【スイーツ】濃厚なマヌカハニーで免疫力up!?

IMG_0307

マヌカハニー

元同僚にリクエストしたところ、ホワイトデーのお返しに、プレゼントしてくれました。

毎年GODIVAを頂いていましたが、今年は変わり種のマヌカハニーです。

男性の皆様。これ結構女性は喜ぶかもしれません。

マヌカハニーの効果前記事参照して下さい。)

ホワイトデー、お返し何にしよう..と悩んでるなら、これをオススメします!

寒いので固まっていましたが、これは100%蜂蜜の証拠です。

瓶をお湯で軽く暖めたらトロ〜っとした濃いめの琥珀色の蜂蜜が...

濃厚でした!

まさに上質を知る男!と、お株が上がること間違いなしです。笑


 にほんブログ村 子育てブログ シングルマザー育児へ
にほんブログ村

【告白②】ある日いきなり嫌がらせがはじまりました..

告白①のつづき

KAZUP1080833_TP_V


不思議なピザの配達から数日たったある休日、自宅には私しかいませんでした。

自宅の電話がなったので出てみると、近所のお寿司屋さんからでした。

『お寿司を10人前頼まれたと思いますが、何時頃お届けすればいいですか?』と言うのです。

母が頼んだのかと一瞬思いましたが、当時実家は貧乏で出前を頼んだ事なんてなかったのです。

おかしいな?と思い、お寿司屋さんにうちの誰が頼んだのか聞くと、若い女の人から電話がきたというのです。

私と姉と母は頼んでいないので、何かの間違いです、といい、電話を切りましたが、少しすると『ピンポーン』とインターホンがなるので出てみました。

すると、なんと先ほど電話をかけてきたお寿司屋さんがお寿司を10人前握って配達にきてしまったのです!

私は間違いだと言ったはずですが?と言い断ろうとすると、『あの後お宅からすぐに配達にくるようにと電話がありましたよ!』と言うのです。

しかし自宅には私しかいなく、母も姉も連絡がとれません。

当時は携帯もなく、母と姉も外からお寿司を頼む事なんてありえない!と思い必死に断りました。

文句をいいながら渋々とお寿司屋さんは帰っていきました。



ここでやっと気づいたのです!

この前のピザと言い、これはもう、絶対におかしい!と。


するとまた自宅の電話が鳴りました。

恐る恐るでてみると、『○○結婚相談所でございます。』

『先ほどのご登録の件で確認したいことがございましてご連絡しました』と。

...は?登録?なんのこと!?と思い聞いて見ると、私の名前で電話があり、住所と電話番号を言って切ったというのです。

もちろん私は電話もしていないし、登録もしていません。

いつ電話があったのか聞くと、ついさっき、ちょうどお寿司屋さんがうちに来てる頃でした。

とりあえず断り電話を切りました。

まただ!嫌がらせだ!!

私は怖くなり彼に電話しました。



彼はすぐにうちに来ました。

ピザのこと、お寿司のこと、結婚相談所のこと、おかしいことがたくさんある。
私の名前を使って誰かが嫌がらせをしている。怖い!と訴えました。

彼は『ふーん?』と言い、ぼけーっとしていてあまりピンときていない様子。

今思うとその時の彼は本当に馬鹿だったのだと思います。

彼は物事を深く考えたり、理解したりする能力がかけていたのです。

それは後に結婚してから気づきました。

ですがその時はつきあい始めたばかりで彼の理解能力のなさに気づいていなかったのです。

そしてその日はなんとなくことなきを得て、翌日会社に出勤しました。

すると、仕事中に私宛の電話がバンバンかかってきては、かわると切られてしまう、という繰り返しが始まったのです。

昨日の嫌がらせの続きだ!!

私はすぐに気づきました。




...つづく。


次記事はコチラ



 
楽天
Amazon
Twitter プロフィール
livedoor プロフィール
日本ブログ村
ブログランキング