【告白⑫】つづき

kazu89_ajisai_TP_V



私たちはほんの少しの事で言い争いになるようになりました。

その度に何度も泣きながら 『死にたい!』 と口にしていました。

それを聞くとスイッチが入り 『じゃあ死ねよ!』 とタクの暴力が始まるのです。

そうなると私も、少しのことで情緒不安定になり感情が治まらずヒステリックになるので余計にタクを逆なでする、という悪循環でした。

この悪循環を止めるべく、お互いの努力と思いやりが必要でしたが、怪我をして完全に引きこもっていた私にはそんな余裕はありませんでした。



そんな状態で、何故二人とも同棲を解消しなかったのか?

私は実家には二度と戻りたくなかった、という理由がありますが、タクはのほほんと育った一人っ子なので、特に実家に帰りたくない理由は見当たりませんでした。

こんなに頭の弱いボケッとした暴力男と、ヒステリックで感情的で引きこもりの女でしたが、やはりお互い情があったのだと思います。

喧嘩をしてない時の二人はとても仲が良く、私の足も段々と日常生活には支障なく動けるようになり、そろそろ結婚したいね、などと二人で話したりもしていました。



そんな矢先です。

私は妊娠しました。

23歳になったばかりの秋でした。

生理がきていないことをタクに話すとすぐに妊娠検査薬で検査しました。

陽性です。

すぐに病院に行き、確認しました。

やはり間違いなく妊娠です。

私とタクは喜びました!

待望の妊娠だったからです。

私の怪我や退職でギクシャクしていた二人の関係が長女の妊娠を機に元に戻りつつありました。

順番は違えど、結婚の話も出ていたので、タイミング的にはいいタイミングでの妊娠でした。

神様から授かった大切な大切な私たちの宝物!



・・・ただ結婚するにあたり、私には一つ気になっていたことがあったのです。


つづく。


ランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります。
 ⇓ ⇓ ⇓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング