MIMIYAKO85_tewonigiriauhutari20140725_TP_V

■男女の会話のすれ違い

男性(夫や彼氏)との会話ですれ違いを感じてイライラしたことはありませんか?

実は私、よくあります。

例えば、家で(旦那いませんが)、夫に今日あった子どもとの楽しかった出来事や、近所の人から聞いた面白かった話をしたとします。

しかし、夫はその場に居合わせていないのでその会話に共感することができません。

そして夫は言います。

「よく分からない」あるいは、「だから結局何が言いたいの?」

もしくは「ふーん」だけですとか。

言い方にもよりますが、その返答をされたら女は面白くありません。

もし、女性同士や地域でそんな返答しようものなら、即刻、嫌われます。笑



■『レポートトーク』と『ラポールトーク』

それは男性が得意な『レポートトーク』と女性が得意な『ラポールトーク』の違いです。

『レポートトーク』とは、事実をレポート(報告)するように、情報を伝えようする話法。

『ラポールトーク』とは、信頼関係や感情などの心のつながりを深めようとする話法。


女性は家庭や地域との交流で生活することが多いので『ラポールトーク』が重要となります。

逆に男性は職場での会話が、感情をいれず、根拠を示す話術を求められるので「レポートトーク」が癖になります。


■個人的な意見

職場では確かに『レポートトーク』は重要だと思います。

私も会社で意見を求められたら『レポートトーク』で会話をします。

しかし、家庭ではどうでしょう?

当たり前ですが家は職場ではありません。

家で事務的な『レポートトーク』ばかりしていて果たして信頼関係は深まるのでしょうか?

それではただの同居人ですよね。

家族や友人こそ、信頼を築く為に『ラポールトーク』が重要になるのではないでしょうか。

結論としては『男と女』『得意・不得意』ではなく、お互いにこの話法を意識して、時と場合により使い分けるのが一番の解決策だと思います。

皆さんのご家庭ではどうですか?

★関連記事★
 男は頭で考え、女は子宮で考える』男女で違う脳の仕組み 
【男と女】男性から見た女性の『おばさん化』とは?

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると励みになります☆
   ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村


シングルマザーランキング